扇風機のコピーを書きました。「健康、節電、風物詩。」

 

健康、節電、風物詩。

冷え性にお悩み?
電気代で頭が痛い?
生活に夏らしさが欲しい?
お任せ下さい。
ぴったりの一台がございます。
こちらです。いかがでしょう。
よろしゅうございますか。
毎度ありがとうございます。
お気をつけて。よい夏を。

 

 


スポンサードリンク
 
 

「涼しさ」以外の扇風機の価値

今や涼しさを与えてくれるものの代表はクーラーであり、その点において扇風機は相手になりません。

そうすると、扇風機のコピーを書く為にはまず

  • 扇風機にしかないもの
  • 扇風機の利点

を見つけなくてはなりません。

幸い涼しさを提供するキカイはクーラーと扇風機くらいですので、クーラーにない扇風機の良さ(クーラーのデメリット)を見つければよいわけです。

今回のコピーでは

  • 健康によい(クーラーは冷え性に悪い)
  • 電気代が安い(クーラーの電気代、馬鹿になりません)
  • 夏の風物詩といえる(クーラーじゃ風物詩としてはちょっと無機質じゃない?)

の3点が見つかりました。

さて、このあたりをどう読み手に訴求していくかについてですが、今回はこの3点に十分パワーがあるためそのまま「ドン!」と書いてしまうことにしました。リズムもよいですし。

ボディ(下に書いてある少し長めの文です)部分に関しては、実際の購入場面をイメージして書くことで、購買欲を高める狙いがあります。

ネット通販の力が強くなっている昨今ですが、扇風機やら家電やらの購入場面は未だに店員さんとのやりとりのイメージが強いですね。

ピンポン、判子トン、段ボールビリッなんて味気なさ過ぎてコピーに書けたもんじゃありません。

 

ところで、最近ダイソンから出ている羽のない扇風機、邪道だと思いません?

確かに安全っちゃ安全なんでしょうが、扇風機は羽があってナンボです。

畳の上で回る扇風機に向かって「あー〜」ってやるのが夏ってもんでしょう。(もしかしてみんなそんなにやらない?)

…ここまで偉そうに語っておきながら我が家には扇風機がありません。

今年も買おうと思っていたら、雨降りーの台風通りーの夏終わりーのです。

こんなコピー、記事を書いたからには来年こそは扇風機を買って「あー〜」ってやらねばなりません。

忘れていなければですが…

スポンサードリンク

あなたが好きそうな記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です