もう退社時に悩まない!上司より先に帰りやすくなるテクニック3選

このブログの人気記事

※別タブで開くので、とりあえずクリックしといて後で読むのがおすすめ

 

はよ帰れや上司!こっちが帰れねぇ!!

って思うこと、ありませんか?ええ、ありますよね。

こんな状況、よくあると思います。

 

定時はもう過ぎている。隣を見ると、上司はまだ仕事をしている。

特に今日これ以上やる仕事はない。

しかし、仕事をしている上司を横目に先に帰っていいのだろうか…

こういう時、帰るべきか残るべきか迷う気持ち、わかります。

かといって、

「仕事ください!」

なんていうのもアホらしいです。せっかく帰れるのに。

で、結局帰れるタイミングがつかめないまま時間が経っちゃったりするんですよね。

 

こうして社会人の可処分時間は奪われ、会社は残業代としてお金を失ってしまうのですよ。もったいない!

こういう無駄を改善していくことが、いずれは会社の強さに繋がるはずだと僕は確信しています。早く帰ることはむしろ褒められるべきです!

と言っても、実際問題上司より先には帰りづらいもんですよね…。

 

そこで、今回は上司より先に帰れる方法を3つ紹介します!

 

この記事を読むと幸せになれる人

  • 上司より先に帰るのを躊躇してしまう人
  • 上司がなかなか帰れないので自分も残るはめになってしまう人
  • 上司が嫌いな人(ド直球)
  • 「部下の帰りたいサイン」を知りたい優しい上司
これから紹介する方法(Tipsと呼びたい)を使えば、今までよりグッと帰りやすくなるはずです。

早速明日からこのTipsを駆使して、バンバン上司より先に帰りましょう!

ちなみに、僕は結構普通に上司より先に帰ります。今日も台風がくるんで先に帰りました。

 

早く来てください、このレベルに…!

Let’s go home more ahead Jo-shi!! 

 

スポンサードリンク
 
 

世間話をしつつ、帰宅の準備を始める

これはかなり有用で使いやすいテクニックですね。

使い方は簡単。

定時後に上司を話している間に「鞄に道具をしまう」「机の上を片付ける」など帰宅の準備をあからさまに行うだけです!

これをやると、上司は「お、こいつそろそろ帰る気だな…?」となり、イヤに帰りやすくなります。

このテクニックに含まれる技としては、

  • パソコンの電源を落とす
  • ゴミをゴミ箱に捨てる
  • ペンを筆箱にしまう

あたりでしょうか。じわじわとした感じが嫌味ったらしくていいですね。

片付けがひと段落したあたりで、「…では、お先に失礼します」と切り出すのが理想形でしょう。

 

sponsored link

腕時計を着けたり外したりする

これはなかなかの上級テクです。

想像してみて下さい。目の前で部下が時計をカチャカチャ付け外ししてるんです。

もうあからさまに「定時終わったんだから帰らせろ」というメッセージがビシバシ伝わってくるでしょう?つい「はよ帰れや」って言いたくなっちゃうでしょう?

ただしその分、嫌味レベルも相当高いです。こんなんやられたら普通にムカつきますからね。

やりすぎると普通に自分の席がない、なんてことにもなりかねないくらいの破壊力のあるテクニックです…。

時と場所を選んで使って使うが吉。

 

一旦席を外し戻ってきた後即帰宅

これは飛び道具的立ち位置ですね。

ちょっと説明すると、

  1. 帰れる準備を整えておく
  2. 一旦席を外す
  3. 数分後席に戻ると同時に鞄を取る
  4. 「お先に失礼します」

という流れです!最初の席外しはフェイントというわけ。

単なる席外しだと思ってあなたがまだ帰らないと思ってる上司はきっと面食らいますよ!若干混乱しているはずですから、「帰ります」といえば帰してくれるはずです。

まあ「フェイントなんかせずそのまま帰ればいいじゃん」とか言われたらその通りなんですけどね…それができない人のためにこの記事を書いてんだろうが!!(怒)

 

ちなみに派生として「貴重品だけ持ち鞄は置いて帰る」という離れ技もあります。

これをやると上司に止められる可能性は100%ないため、確実に帰宅できますよ。しかも翌日は手ぶら!アレ、案外いいことづくめ?

なおリスクとして、事件と勘違いされて警察を呼ばれる可能性があることも頭に入れておきましょう。

 

sponsored link

まとめ

img_4001

こんなカワイイ子も、「はよ帰らせろや」思ってます。

本記事では、上司より早く帰ることのできる方法(Tips)を3つ紹介しました。

この3つを使いこなせればどんな職場でも上司の目を気にすることなく早く帰れるようになるでしょう。

まあ実際使い物になるのは1番目くらいでしょうけど…タフメンタルなら腕時計もいけるかも。

いずれにせよ、ここで紹介したテクニックが、読んでくださった皆様の帰宅時間を早めることにつながれば幸いです!

ちなみに僕は普通に帰りますんでそこんとこよろしく!!

 

スポンサードリンク

あなたが好きそうな記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です