【随時更新】高田馬場にだって負けねえぞ!?練馬駅周辺おすすめラーメン屋まとめ

このブログの人気記事

※別タブで開くので、とりあえずクリックしといて後で読むのがおすすめ

ラーメン、好きですか?

僕はそこそこ好きです。あの不健康と引き換えにうまみを得る背徳感が最高。

主に練馬駅周辺で食べてます。

 

で、ラーメン激選区みたいのを調べてみると「高田馬場」とか「池袋」がやっぱり上位なわけです。

いや、ちょっと待ってくれと。練馬を忘れてない?

いいラーメン屋いっぱいあるよ?

やっぱり練馬が地味だからそういうのに載らないの?

 

…ということで、今回は練馬駅周辺でおすすめのラーメン屋を紹介したいと思いますっ!

この記事を読むと幸せになれる人

  • 練馬駅周辺のラーメン屋を探している人
  • ウマいラーメンを食べたい人
  • 池袋のラーメン飽きた人
  • もう高田馬場のラーメンを卒業しようと思ってる人

 

この記事を読んだラーメン好き、是非練馬に来てみてください。

「練馬、イケるじゃん!」てなること、うけあいです。

 

 

スポンサードリンク
 
 

練馬駅おすすめラーメン屋1:濃菜麺 井の庄

img_4399

練馬駅周辺の飲食店でこの並び様はすごい

コイサイメン…お前がナンバーワンだ!!

まあそういうことです。

練馬駅周辺のラーメン屋の中では、味も並び具合もナンバーワンですね。

割と辛辣な評価の食べログでも点数は3.58、口コミ数は127件(2016/11/27現在)と、高評価なんです。

「練馬駅きたけど何食べよう…」とか迷ったら、ここに行きましょう。多分めっちゃ並ぶけど。

 

濃菜麺 井の庄の特徴(お店の雰囲気)

  • カウンター席のみ
  • 落ち着いた、洒落た雰囲気で女性も入りやすそう
  • 店員さんたちの雰囲気もいい(落ち着いてる)

濃菜麺のお店の雰囲気は、「小洒落ていて女性でも入りやすそう」っていう感じですね。

内装もシンプル。

今流行ってる(?)家系とかの「全体的に黒っぽくて漢のラーメン、文句あんのか?」的なスタイルとは完全に違うベクトルで攻めてていい感じです。いや、家系の雰囲気も好きだけどね。

 

濃菜麺の特徴(スープ、麺、具)

img_2930

ザ・ベストラーメンオブ練馬駅、濃菜麺

  • スープ:豚骨醤油、こってりしててとろみがある(シチューっぽい)
  • 麺:やや太めの縮れ麺、スープによく絡む
  • 具:チャーシュー、野菜(キャベツ、もやし、ニラなどたっぷり)

※メインメニュー「濃菜麺」の特徴です

「濃菜麺」という名の通り、「濃くて、野菜たっぷりな拉麺」ですね。

特にスープが特徴的で、「濃くてとろみのあるシチューのよう、だけどあっさり感もある」という絶妙なバランス。

麺もそのスープをしっかりと捉える縮れ麺。コンビネーションがよく練られてます、麺だけに。

野菜もたっぷり入っていて、「濃菜麺食べてれば健康になるんじゃね?」と思わせるほど。

img_2931

野菜もたっぷり濃菜麺

 

余談ですが、ここはホントに美味しいことで有名です。

練馬の美容師さんにおすすめのラーメン屋を聞いた時は「間違いなく濃菜麺」と言われ、

会社のラーメン好きの同期には「濃菜麺はヤバいぞ」と言われたほど。

食べればわかります。これは、何度も来たくなる。。。

 

濃菜麺 井の庄のメニュー

  • 濃菜麺:780円
  • 辛辛濃菜麺:880円
  • 濃菜つけ麺:820円
  • 辛辛濃菜つけ麺:920円
  • 魚香ラーメン:700円
  • 魚踊つけ麺:850円
  • 博多そば:700円

価格帯的には、700~900円くらい。

ちなみに、マイナーチェンジ(野菜大盛りとかミニとか)やサイドメニューは省いてます。

 

濃菜麺 井の庄へのアクセス

練馬駅から歩いて5~6分と近いんですけど、ちょっとわかりにくいとこにあります。

正直この地図通りに行けば着くんですけど、補足?があるとすれば、book 1stが見えたらもう近くまで来てます。

img_4400

このbook 1stの「向かい側」に進んでくと濃菜麺 井の庄があります

線路沿い、て覚えとくと見つけやすくなるかもしれません。

 

 

sponsored link

練馬駅おすすめラーメン屋2:ど根性家

img_4379

家系ラーメンで500円は破格

ワンコイン家系。

ど根性家を一言で表すなら、これに尽きます。

もう写真で見えてますけど、家系ラーメンが500円です。マジワンコイン。

しかも夜2:00までやってるので、帰りが遅くなった時はここで遅めの夕飯食べてから帰ってます。

食べログでは「価格設定がど根性」とも。

 

ど根性家の特徴(お店の雰囲気)

  • 縦長
  • カウンター、テーブル席あり
  • 黒と赤が基調の「ほどほど家系」て感じ(褒めてる)
  • 店主も「ほどほど家系」て感じ(褒めてる)

ほどほど家系って感じです。

内装の色とか、店主の雰囲気とか、いい感じに家系感が出てます。

でも「俺たちは家系で〜〜すっフゥ〜〜〜!!!!」みたいな、押し付けがましさ・やかましさがなくて入りやすくてgood。

要するに、ほどほどに家系なんです。

ちなみにカウンターだけでなくテーブル席もあるので、数人で行っても入りやすいと思います。

 

ど根性家の特徴(スープ、麺、具)

img_4384

メイン「家系ラーメン」。味は醤油or味噌

  • スープ:ほどほどにこってり。アブラ感もほどほどにある。
  • 麺:中太麺。家系はこのくらいの太さがデフォルトなんかな?
  • 具:チャーシュー、ほうれん草、卵(うずら)、海苔

※メインメニュー「家系ラーメン」の特徴です。

スープの味は、ほどほどにこってり、アブラ感です。

僕は正直そこまで家系を食べ込んでるわけじゃないんで、こう思いました。

これは家系の味。

がっつり家系食べまくってる人からすると、物足りないかもしれません。

でも個人的にはこのくらいでいいかな〜〜って思います。食べやすい濃さだし。

麺については特に思うことなし。「中太麺って家系のデフォなのかな?」くらいです。

img_4382

これで500円はホント助かる

 

チャーシューはしょっぱめです。ビールに合いそう。

あと、トッピングでザク切り玉ねぎが置いてあるんですけど、それ入れると風味変わっていい感じ。

ちなみに、醤油より味噌の方がまろやか濃いって感じがします。(ふわふわ)

 

ど根性家のメニュー

  • 家系ラーメン:500円
  • ど根性つけ麺:650円
  • 台湾まぜそば:680円
  • その他定食、おつまみなど多数

価格帯は500円~700円です。安っ

マイナーチェンジ(がっつりトッピングとか)は省いてます。

こんだけ安いのにお昼はライスも無料になるみたいです。経営大丈夫なんか…?

 

ど根性家へのアクセス

わかりやすいのでそんなに迷わないと思います。

練馬駅を出たら、桜台駅方面に歩いていくだけです。

隣にも家系ラーメン屋(練馬商店)があります。

入り口の小さい方がど根性家です。

 

 

練馬駅おすすめラーメン屋3:じんべえ

img_4402

この通り「濃菜麺」もあるので意外と激選区なのかもしれない

練馬駅周辺では珍しい、魚介系のラーメン屋です。

練馬駅周辺って魚介系のラーメン屋少ない気がするんで、貴重かも。

そしてこの通りには、かの「濃菜麺」もあるんです。

きっと日夜両店の間でしのぎが削られているのでしょう…並び具合とか見ると濃菜麺のが優位っぽい。

でもここはここで、魚介系ラーメン好きにはおすすめしたいラーメン屋です!

img_4403

25:00までやってる

 

じんべえの特徴(お店の雰囲気)

  • こじんまり(いい意味で)
  • カウンター、テーブル席あり
  • 黒を基調とした店内、いかにもラーメン屋って感じ
  • 席下に荷物入れがあって嬉しい

お店自体は結構こじんまりとしてますが、それがいい雰囲気なんです。

なんて言えばいいんだろう、「昔ながらのラーメン屋です」みたいな?まあ最近リニューアルオープンしたばっかだけど

 

席には荷物入れとかちゃんと大きめのが置いてあって、お客さんのことを考えてくれてる気がします。

img_4405

大きめのリュックも入る荷物入れ。ありがたい。

 

店員さんたちも「感じのいいニイちゃん」です。

 

じんべえの特徴(スープ、麺、具)

img_4408

ちょうどいいくらいの魚介感。背脂とうまくマッチしてる

  • スープ:魚介と背脂の合わせ技って感じ。魚介がちょうどよく効いててウマい
  • 麺:やや太め。スープによく絡むようにしてる?
  • 具:チャーシュー、メンマ、玉ねぎ、長ネギ、海苔

※メインメニュー「らーめん」の特徴です。

魚介とアブラがうまいこと混じりあってるスープだと思います。

前に池袋の魚介系ラーメン食べたことあるんですけど、「カツオの味しかしねえ」ってくらいに魚介感が強すぎでした。

対してじんべえのらーめんは、魚介感を背脂で中和してまろやかにしてるように感じられて、いいバランスになってるんです。ウマい。

麺もそのスープに絡むようになってて良し。(ていうか縮れ太麺にしとけばいいんじゃねって気がしてきた)

 

またネギは結構辛めで、いいスパイスになってます。

img_4409

辛めのネギがまたいい。

 

あと直接味とかには関係ないけど、このレンゲめっちゃ便利。

img_4410

こういうちょっとしたアイディア(カップヌードルのシールとか)思いつく人って素敵

 

じんべえのメニュー

img_4404

ビールへの推しが強い

  • らーめん:780円
  • つけ麺:800円
  • 辛つけ麺:840円
  • ごまつけ麺:750円
  • その他トッピング

※マイナーチェンジメニュー(味玉とか)は省く

 

ビールへの推しがすごい

らーめん推そうよ

 

あとごまつけ麺流星盛(20玉)が気になりすぎてヤバい

これ、ホントに750円なんですか…?

どうやら、残すと罰金2000円かかるみたいです。

相当に自信がある人以外はやめておきましょう…

 

じんべえへのアクセス

ほぼ濃菜麺と同じルートです。

book 1stを目印にしましょう。

 

sponsored link

練馬駅おすすめラーメン屋4:ラーメン大 練馬店

IMG_5039

「ニンニク入れますか?」のパワー

いわゆる「二郎インスパイア」なお店です。

二郎インスパイアっていうと「なんか敷居高そう…」とか思うかもしれませんけど、心配無用!

一人でも入りやすい・満足感あるしで、練馬駅でも人気のラーメン屋なんです。

 

ラーメン大 練馬店の特徴(お店の雰囲気)

  • 銀(色が)
  • カウンター席のみ
  • 二郎インスパイア系だからか、皆食べたらスッと出て行く
  • 席は9席くらい、一人でも入りやすい

 

二郎系インスパイアらしく、悪く言えばちょっと殺伐・よく言えばストレスフリーな感じ。

IMG_5034

調味料とか。ニンニクは注文時に言うと皿に乗せてくれます

IMG_5035

この辺は二郎イズム

店員さんは仏頂面かと思えば、たまに笑顔が出てきたりするので油断なりません。

 

ラーメン大 練馬店の特徴(スープ、麺、具)

IMG_5038

つけ麺780円。野菜は普通盛り

  • スープ:醤油ベース。そこまでくどくなく、ちょうど良い濃さ
  • 麺:やや太め。食べ応えアリ
  • 具:チャーシュー、メンマ、長ネギ、もやし、キャベツ

※「つけ麺」の特徴です。

全体的に濃厚、というよりもあっさり目です。フツーに食べやすい。

二郎をそのままつけ麺にしたみたいな、そんな感じですね。

IMG_5036

最初ラーメンが来たのかと思ったらつけダレだったという

IMG_5037

あっさり系だけど味はしっかり

最近のつけ麺のトレンドって「濃厚、ドロドロ」って感じですけど(それも好き)、こういうあっさり系もアリだな〜〜なんて思います。

 

ラーメン大 練馬店のメニュー

  • らーめん:650円
  • 塩らーめん:650円
  • 辛らーめん:700円
  • つけ麺:750円
  • 辛つけ麺:750円
  • その他トッピング

※かなりうろ覚えなんで、価格違うかもです。

 

らーめん大 練馬店へのアクセス

和菓子屋の裏あたりにあります。

 

今後も引き続き更新していきますっ

スポンサードリンク

あなたが好きそうな記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です