【仮想通貨】実際に使ってるおすすめの取引所・販売所ランキング!メリット・デメリットもまとめました【暗号通貨】

このブログの人気記事

※別タブで開くので、とりあえずクリックしといて後で読むのがおすすめ

「仮想通貨始めたいけど、どの取引所がいいの?」

今をときめく仮想通貨。いざ始めようとしても、どこで口座を作れば良いのか迷ってしまうと思います。

そこで今回はそんなあなた向けに、

仮想通貨の取引所・販売所ランキング

を作ってみました。ぜひ参考にしてください!

 

スポンサードリンク
 
 

目次

取引所・販売所を選ぶポイント

取引所・販売所を選ぶ時のポイントです!

このへんを見て決めよう

  • 取り扱っている仮想通貨の種類(多いほうが分散になる)
  • PC画面、スマホ画面の使いやすさ
  • セキュリティ/補償などの内容
  • その他、独自の強みなど

ランキングの前に、取引所・販売所を選ぶポイントについてざっくり!書いときます。

 

取り扱っている仮想通貨の種類

できれば、色んな種類の仮想通貨を取り扱っているところがおすすめ。

というのも、仮想通貨は上がり下がりが激しかったり、もしかしたら無くなる可能性まであります。

そういったリスクを分散するためにも、多くの仮想通貨に投資しておいたほうが安全。

となると、扱っている仮想通貨の種類は多い方がいいわけです。その取引所だけでも分散投資できるから!

 

PC、スマホ画面からの使いやすさ

シンプルに、使いやすい画面の方がいいですよね。見にくいよりは。

取引所・販売所によって、その見た目や使い心地はけっこう異なります。たぶんデザイナーの性格?

もちろん好みもありますが、できれば使いやすい取引所・販売所がオススメ!

 

不正アクセスなど発生時、補償の有無

やっぱり安全で、何かあったら補償してくれるとこがいいですよね。安心できる。

この辺も、取引所・販売所によって違うんです。みんながみんな、補償してくれるわけじゃありません…

その補償内容も条件があったりするので、よく確認しておきましょう。

 

取引所・販売所独自の強み

後は、「その取引所独自の強みがあるか」ってところもポイントです。

先に書いちゃいますけど、Zaifはここが強いですね。安く買いやすかったり、トークン(未公開株みたいなやつ)買えたり。

他の取引所にない特徴・強みがあるかっていうのも、選ぶ際に見るべきポイントです!

 

sponsored link

順位だけ教えろ!という方へ

わかりやすく、表にまとめときました!

「細かい説明とかいいから、順位教えて!」ってあなた。その気持ちわかります。

そんなあなた向けに、「各販売・取引所の得意分野をわかりやすくした表」を載せておきます!

 仮想通貨の種類数使いやすさ補償の有無その他つよみ
1位:Coincheck
2位:Zaif
3位:bitflyer

詳しいメリット・デメリットなんかは下に書いてあるので、じっくり見たい方はここからどうぞ!

 

取引所/販売所オススメランキング1位:Coincheck(コインチェック)

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

画像をクリックすると公式サイトにいけます

【メリット】

  • 取扱通貨13種類
  • 不正ログインによる損失保障(ビットコインも)
  • アプリが抜群に使いやすい
  • 仮想通貨を貸し出すことができる

 

【デメリット】

  • トークンの購入ができない
  • PCサイトが縦長で使いにくい

1位はコインチェックです!

取扱コインの多さ、損失保障、アプリの使いやすさから判断して1位にしました。

それぞれについて、簡単に書いていきますね。

 

コインチェックのメリット4つ

取扱っている仮想通貨は13種類!

何と言っても、コインチェックの最大の強みがコレ。扱う仮想通貨の種類が一番多いんです(トークン除く)。

何を隠そう、僕だってリップル(XRP)が買いたくて開設したクチです。Zaifもbitflyerも取り扱ってくれないから…

買える仮想通貨が多いってことは、それだけリスクも分散できるということ(リスク分散については後述します)。値動きの大きい仮想通貨にとって、コレ結構大事。

 

不正ログイン時の損失保障がある!

コインチェック「不正ログインにかかる損失」最大100万円まで補償してくれます。これ、ホントありがたいと思う。しかも、日本円が盗まれた場合だけでなくビットコインが盗まれた場合も補償!エラい!

やっぱこういう不正ログインとか、コワいですもんね。そうそうあることではないとはいえ、保障はほしいってもんです。

※2段階認証してない場合、保証されません!このへんは開設してから考えたらいいと思います

 

アプリが抜群に使いやすい

コインチェックのアプリ、めっちゃ使いやすいんです。ユーザビリティ神。デザイナーがいいのかな?

ホントに使いやすい、コインチェック

上にチャートがあって、下でコインの種類サッと変えられるのホント楽。欲を言えば、購入画面をもっといい感じにしてほしかった…

そこを差し置いても、使いやすさ抜群です!実際、チャートを見る時はコインチェックのアプリから見てますし。

 

仮想通貨を貸し出せる

コレ、割と画期的なんじゃないかと思ってます。

というのも、仮想通貨って今まで「株で言う配当」みたいのがなかったんです。ただ上がるだけ。

でも、株を貸し出して利益をもらえれば、いわゆる配当と同じようなもんです。不労所得って感じ!

年率も最大5%と、そこそこ。株だったらめっちゃ高配当な利率ですし、文句なし!

コインチェックに登録後、貸仮想通貨アカウントに登録する必要があります(本人確認とかはなくてOK)

 

コインチェックのデメリット2つ

トークンを購入できない

トークンとは、いわゆる仮想通貨になる前の「未公開株」のようなもの。これ、コインチェックでは購入できません。というか、このランキングでは後述のZaifでしか買えないんです。

トークンを購入できないことがなんでデメリットかっていうと、爆上げする可能性を秘めているから。

株だって、「上場する前に買えたら安くかえるのに〜〜」みたいなことあるじゃないですか。あんな感じ。ちょっと賭けみたいな感じですけど、当たればデカい。

そのトークンを購入できないってこと、コインチェックのデメリットです。

 

PCサイトがちょっと見にくい(一覧性が低い)

あんだけアプリ褒めといてアレなんですけど、ぶっちゃけPCサイトは微妙です。

それは何故か。一覧性が低いからです。せっかくPCの大きい画面なのに、必要な情報が1画面内に入ってない。スクロールしなきゃいけないんです。

コインチェックのPC画面。個人的にちょっと見にくい…

一方、Zaifは1画面でほぼ全ての情報を確認することができます。

こちらはZaifのPC画面。こっちのが好み

もちろん、好みもあると思います。アプリと同じような見た目なので使いやすいって人もいるはずですし。

でも個人的には、Zaifやbitflyerの画面の方が好きだなァ…

 

コインチェックのメリット・デメリットをおさらい

【メリット】

  • 取扱通貨13種類
  • 不正ログインによる損失保障(ビットコインも)
  • アプリが抜群に使いやすい
  • 仮想通貨を貸し出すことができる

【デメリット】

  • トークンの購入ができない
  • PCサイトが縦長で使いにくい

正直、ここはかなりおすすめです。コインの種類も多いし、損失補償もあるし。

最初に仮想通貨の口座開くなら、コインチェックがいいと思いますっ!

 

sponsored link

取引所/販売所オススメランキング2位:Zaif(ザイフ)

こう見ると、色んなサービスがある

【メリット】

  • 主要通貨5種類、トークン9種類
  • 取引所がメイン、通貨を安く買えることがある
  • コイン積立で毎月自動購入できる

 

【デメリット】

  • 損失補償サービスがない
  • サーバが頻繁に落ちる

第二位はZaifです。コインチェック・bitflyerと違って、取引所メインなのが特徴。

以下、メリット・デメリット詳細!

 

Zaifのメリット3つ

仮想通貨以外のトークンを扱っている

他にはない、Zaifの強み。それが、トークンを扱っていることです。なんと、Zaifオリジナルのトークンまであります。

上にも書きましたけど、トークンっていうのは未公開株のようなもの。ビットコインなどの主要通貨に比べて信頼性は劣りますが、その分価格が低いので伸びしろが十分。

これから仮想通貨がどんどんメジャーになったとき、爆上げする可能性がめっちゃ高いんです。

仮想通貨のうまみって、正直そのバク上がりの利益なんですね。だから、長期ホールドをおすすめしてるってわけ。この先の大きい儲けを得るためには、ホールドしておく必要があるから。

そういう、一発大儲けの可能性があるトークンを買えること。これが、Zaifの大きなメリットです。

 

販売所ではなく、取引所がメインになってる

Zaifは、販売所よりも取引所メインです。(一応販売所もある)

つまり、Zaifから直接買うわけではなく「売りたい人・買いたい人」同士で売買する感じ。

なんでこれがメリット買って言うと、取引所の方が安く買えることが多いからなんです。

下の画像、ちょっと見てみてください。

左がZaif、右がbitflyer

簡単に言えば、このイーサリアムってコインを買う場合、

  • Zaif→50,170円で買える
  • bitflyer→52,433円で買える

ってこと。同じもん買ってるのに、2000円も違うわけです。もっと金額の高いビットコインだと数万円違ってきます。デカい。

まあ販売所だと「確実に、その値段で買える」っていうメリットはあります。でも、だいたい取引所もほとんど確実に買えるんですね。ので、あんま販売所で買うメリットは無いかなぁ…なんて思います。

Zaifは取引所メインなので、コインを安く買える可能性が高い!これ、けっこう大事です。

 

コイン積立で、毎月自動で仮想通貨を買ってくれる

Zaif、自動でコインの積立ができます。会社でいうとこの「給与天引きで貯蓄」みたいな感じですね。

これのいいところが、迷いがなくなること。コイン買うときって、いっつも迷いが出ちゃうんです。「あ~〜もっと下がるかな…あぁーー上がっちゃった〜〜」みたいな。精神的にも、時間的にも割と無駄です。

積立だと、自動で毎月一定金額分買ってくれるのでとっても楽!こういう買い方って「ドルコスト平均法」といって株の世界なんかだと割と有名な手法なんです。リスクを抑えるための買い方!

こういう積立でコインを買えるの、Zaifならではです。

 

Zaifのデメリット2つ

不正アクセスによる盗難への保障なし

これはけっこう大きいデメリット。不正アクセスで仮想通貨が盗まれた場合、それは保証されません。

ここに関しては、コインチェック・bitflyerには負けてます。その2つは条件が合えば100万円とか保証してくれるので!

なので、Zaifを使う場合は2段階認証などを入れてしっかりセキュリティを固めることが大切。幸い、2段階認証が入っていればかなり安全になります。

盗難補償がないこと、これがZaifのデメリットです。

 

Zaif、マジでサーバーがよく落ちる(サイトに繋がらなくなる)

「ベテランはZaifが落ちることに慣れている」

というほどに、Zaifはよくサーバが落ちます。ぶっちゃけ、コレ書いてる時も落ちました。

落ちるとこうなる

たぶん、取引所がメインなのでサーバへの負担が大きいんじゃないかと思います(増強しろよとは思う)。しょうがない。

ただ、サーバが落ちて困るのは「短期売買」の人たちがほとんど。長期保有でホールドする僕らのような人にはあんまり影響はありません。

シンプルに、サーバがよく落ちる。これもZaifのデメリットですね。

 

Zaifのメリット・デメリットをおさらい

【メリット】

  • 主要通貨5種類、トークン9種類
  • 取引所がメイン、通貨を安く買えることがある
  • コイン積立で毎月自動購入できる

【デメリット】

  • 損失補償サービスがない
  • サーバが頻繁に落ちる

ここでしか買えないトークン買えたり、取引所メインだから安く買えたりとめっちゃいい感じなのがZaif

ただ、損失保障サービスが無いのが痛い…ってことで2位です。

まあちゃんと2段階認証しておけば、そうそう不正アクセスされることもないでしょうし、これからセキュリティの強化もされるはず。

コインチェックとはいい感じに違う特徴を持ってるので、両方登録してお互いの良さを補完するっていうのがベスト!

 

取引所/販売所オススメランキング3位:bitflyer(ビットフライヤー)

PC画面はこんな感じ

【メリット】

  • リクルート、みずほなど大手が出資
  • 不正ログインによる損失保障(500万円、日本円のみ)
  • ビットコインをアマゾンギフトカードに買えたりできる
  • アプリがシンプルで使いやすい

【デメリット】

  • 取り扱う仮想通貨の種類が少ない
  • 取り立ててここを使うメリットがない

第3位はbitflyer。実は、日本で一番最初にできたビットコインの販売所なんです。

メリット・デメリットは以下!

 

bitflyer(ビットフライヤー)のメリット4つ

大手企業がバックについている(出資)

bitflyer、一番運営歴が長いだけあって信頼感が高いです。そのためか、多くの大手企業(リクルート・みずほ・GMO)が出資しています。

出資企業が多いということは、資本も安定しているということ。つまり、簡単に言えば運営会社が潰れにくいってことです。

運営会社が潰れたら取引所がどうなるのか…っていうのはまだわかりませんけど(他の会社に引き継がれる?)、できればそういうリスクは少ないほうがいいですね。

大手がバックに付いていて、資本が安定していること。bitflyerのメリットです。

 

不正ログインによる盗難への損失保障、最大500万円!

不正ログインによる盗難被害などが出た場合、bitflyer最大500万円の保障をしてくれます。これはデカい。きっと資本力のおかげですね。

コインチェックは最大100万円Zaifは補償なしって考えるとかなり太っ腹。儲かってますね。

 

…ただし!その損失補償も条件があります。

  • 2段階認証を実施していること
  • 預り金が100万円以上あること(以下なら保障は10万円)
  • 日本円の不正出金のみ(仮想通貨は保障なし)!

そう、保証されるのは日本円のみ。ビットコインなどが不正アクセスで盗まれた場合の保障はありません!うーん…もうひと頑張りしてほしかったなァ

※コインチェックはビットコインの盗難も補償してます

とはいえ、日本円が最大500万円分も補償されるのは大きい!ここはbitflyerの強みですね。

 

ビットコインで買い物ができる「ビットコインをつかう」というサービスがある

Bitcoin、段々と使える場所が増えてきたものの、まだ買い物ができる場所が少ないです。

そんな悩みに対して、bitflyerでは「ビットコインをつかう」というサービスがあります。bitflyer内のBitcoinを使って、買い物とかできちゃうわけですね。これはけっこう便利!

基本的にはアマギフ買うスタイルだと思う

基本的に、今買えるのはamazonギフト券など。簡単にいえば、

「ビットコインをギフト券にして、アマゾンで好きなもん買え」

みたいなスタンスですね。潔い。色々商品置かれてもアレなんで、これが一番かしこいやり方かも。

こんな感じで、ビットコインをamazonギフト券に換えて買い物に使えること。bitflyerのメリットです。

 

スマホアプリがシンプルで使いやすい

bitflyerのアプリ、けっこう使いやすいんです。シンプルを極めたって感じ。

チャートが色分けされてていい感じ

コインチェックと違って、詳しいチャートはタップしなきゃ見えませんが十分。販売所↔取引所の移動も楽でいい感じですね。

少なくとも、Zaifのやつよりは数倍使いやすいです!

 

bitflyer (ビットフライヤー)のデメリット2つ

取り扱う仮想通貨(トークン)の種類が少ない

bitflyer最大のデメリットが、コインの種類が少ないこと。その数、6種類…

コインチェックが13種類、Zaifが(トークン含めて)15種類ってこと考えたらめっちゃ少ないですね。なんで取り扱うコイン増やさないんだろ?資本あるのに…

「俺はビットコインしか買わねえ!」って人は良いと思うんですけど、他のコインにも分散させたい人はbitflyer微妙です…ビットコインならZaifやコインチェックでも買えるし。

取り扱うコインが少ないっていうの、けっこうデメリットです。

 

取り立ててbitlyerを選ぶ理由が無い

正直、bitflyerを選ぶ理由って特にない気がするんです。

  • コインチェック→仮想通貨の種類多い、貸し出すこともできる
  • Zaif→取引所がメイン、コインの積立投資が可能

この2つで、だいたいのことできちゃうんですよね…はっきり言ってしまえば、bitflyerは個性がない!

セキュリティって面では確かに優れてるかもしれません。補償もついてますし。ただ、現状は2段階認証をちゃんとやっとけば大丈夫な気がするんですよね〜今後どうなるかわかんないけど。

ちなみに、こんなこと言いながら僕がなんでbitflyerの口座開いてるかっていうと、リスクヘッジのため。要するに、資金を分散させることで「取引所・販売所に何かあった時」に被害を抑えるためです。(この辺については後述)

特に、あえてbitflyerを選ぶ理由ってあんまり無さそうです。

 

bitflyerのメリット・デメリットをおさらい

【メリット】

  • リクルート、みずほなど大手が出資
  • 不正ログインによる損失保障(500万円、日本円のみ)
  • ビットコインをアマゾンギフトカードに買えたりできる
  • アプリがシンプルで使いやすい

【デメリット】

  • 取り扱う仮想通貨の種類が少ない
  • 取り立ててここを使うメリットがない

セキュリティは強め、ただコインチェックやZaifのような「特徴」がない。

bitflyerはそんな感じですね。あくまで主観だけど。

リスクヘッジ用に3つ目の口座として開設しておく、っていうやり方がベストだと思います。

 

sponsored link

まとめ:まずは5万円くらいから始めよう

とりま、始めてみようぜ!

今回は、仮想通貨の販売・取引所をおすすめ順にまとめてみました。

  1. Coincheck(コインチェック)
  2. Zaif(ザイフ)
  3. bitflyer(ビットフライヤー)

 

とりあえず、「ああ、この3つのどれかで口座開けばいいんだな」みたいのが伝わったと思います。

ここまで読んでいただいたことですし、まずは取引所に登録するとこから始めてみたらいいと思います。

僕が一番おすすめするのは上のランキングに書いたようにコインチェックですが、リスク面を考えたら3つとも登録して分散させておくべき。儲かったのに取引所が潰れてパー、マジで洒落になんないから。

登録がちょっと面倒、って気もしますけど一気にやっちゃえばそんなにかかりません!

1取引所あたり5分くらいだとしても、3つで15〜20分。リスクを考えたら、安いもんです。

この記事読んだ勢いで、そのままガーッと登録しちゃいましょう。

 

ちなみに最初に入れる金額ですが、1取引所あたり5万円くらい入れといたら良いと思います。

なんで5万円かっていうと、倍で桁変わってわかりやすいから。キリもいいですし。

あんまり少なすぎるのも、なんかもったいない気がしますしね。1,000円で20倍になっても2万円ですけど、5万円で20倍になったら100万円。めっちゃ夢がある。

 

あと、仮想通貨を買うタイミングですが、ぶっちゃけいつでもいいと思います。なんなら、開設して取引できるようになったら、そのタイミングで買ってもいいと思う。

逆に、せっかく開設したのに買うタイミングを逃して値上がり、っていうのが一番もったいないです。(そのサンプルがまさに僕です…)

この先1年とか考えて、今が一番安かったなんて可能性、かなり高そうですし。ビットコインなんて年初は100分の1ですからね。その時5万円買っとけば500万円。ホントのがした魚は大きい!

だから、できるだけ開設したら早いうちに買っといたほうがいいです。「いつ買おう…?」っていう迷いもなくて済みますし。

 

まあそのへんは後にして、とりあえず開設してからがスタートです。そう、仮想通貨の世界への入り口。

正直、僕もあなたも、こんなに一発当てられるかもしれないこと、これから先無いかもしれません。このチャンスを逃したら、ずっと後悔するかもしれない。

だから、飛び込みましょう。このチャンスに。

僕もやります。後悔したくないから。きっと「やってよかった」って、思えるから。

あなたもそう思ってくれるなら、一緒にやりましょう。夢を掴みましょう!

目指せ、仮想通貨長者っ!!

スポンサードリンク

あなたが好きそうな記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です