フェリーの乗り方・手順まとめ!予約から乗船まで写真つきで解説します

オーシャン東久フェリー外観

このブログの人気記事

※別タブで開くので、とりあえずクリックしといて後で読むのがおすすめ

 

「フェリーって、なんか乗り方わかんない…」

 

初めてフェリー乗るあなた、そんなふうに思ってるはず。

確かになんか面倒そうですよね。特にバイクや車も一緒にのせる場合とか。

そこで今回は、僕の経験をもとに

フェリーの乗り方・手順まとめ

を写真使いながら解説します!

※この記事はバイクとかも一緒に乗る人向けです。徒歩の人はちょっと違う可能性あるのでご了承ください

 

スポンサードリンク
 
 

フェリーの乗り方①:サイトで予約・決済する

オーシャン東九フェリーのバイクプラン

だいたいのフェリー、こういうバイクプランがあります

まず、フェリー乗車券を予約しましょう。

フェリーの業者と料金について

フェリー会社はたくさんあるので、日本長距離フェリー協会のサイトを参考に最寄りを探しましょう。

参考までに、僕は東京港〜徳島港ルートで片道32,030円(バイク運賃込)でした。

船室のグレードで価格が結構変わりますし、直前だと高い部屋しか残ってなかったりするので注意!

クレジットカードならネットで支払いができるので、クレカあるなら決済も済ませちゃった方がラクです(しかもクレカは支払額の1%くらいポイント還元されるしオトク)。

もしまだクレカ持ってないなら、この機会に作っちゃいましょう。数分で申し込み終わりますし!

maruo
ネットでの買い物とかもラクになるよ〜

あ、もし決済完了したら「完了画面」をスクショで保存しといてください。

フェリーの予約完了画面

この画面をスクショしておけば、QRコードで乗船手続きできます!

フェリー会社によっては、QRコードがあると乗船手続きめっちゃ楽になるので!

 

sponsored link

フェリーの乗り方②:メールの予約番号・車両番号を控えておく

フェリーの予約確認メール

このメールがあればとりあえず大丈夫

フェリーの予約が完了すると、フェリー会社からメールが届きます。

そして、このメールにフェリー予約番号が載ってますので、メール消さないでください!

maruo
スマホのバッテリー切れも考えて、印刷しとくと万全!

この予約番号さえあれば乗船できるので、ちゃんと控えておきましょう(スマホでメール確認できるならそれでもOK)。

あと、クルマとかバイクも乗せるならナンバーも控えておくこと!スマホで写真撮っとくとグッド。

 

フェリーの乗り方③:当日、フェリー乗り場へ向かう

オーシャン東九フェリー外観

オーシャン東九フェリー。右にちょっと見切れてるのが、バイクで登る場所です

乗船当日になったら、フェリー乗り場へ向かいましょう。

出発1時間前くらいには手続きを済ませておいたほうがいいですね。乗り遅れたらシャレにならないし。

maruo
出港の30分前くらいには船内入れますしね!
オーシャン東久フェリーのバイク置き場

バイクは専用の置き場がある

バイクやクルマの場合、駐車場に案内してくれます。

駐車後に、貴重品を持って受付に向かいましょう。

フェリーターミナル入り口

フェリーターミナル入り口

 

sponsored link

フェリーの乗り方④:窓口で予約番号を伝え、乗船券を受け取る

フェリー受付窓口

フェリーの受付窓口。QRコードがあるなら、別の場所にある機械で手続きできます

フェリーターミナルに入ったら、受付で予約番号を伝えます。

このときに、予約内容を確認。バイクや車のナンバーなんかを確認するわけですね。

確認できたら、そのままチケット等もらって手続き終わり!めっちゃラクです。

オーシャン東九フェリー乗船券など

行き先の紙、領収書、乗船チケット

強いて言えば、みんなこのくらいの時間にくるのでちょっと並ぶくらい。10分はかからないと思います。

※ちなみに、上に書いた「QRコード」を持ってれば並ばずに受付機で手続きできたりします!

 

バイクの場合は、受け取った「行き先が書いてある紙」をヘッドライト部分に貼ります。

ヘッドライトに貼る紙(フェリーの行き先)

これはフェリー乗った後の写真ですけど、こんなふうにヘッドライトに紙を貼ります

maruo
この紙には両面テープついてるので、そのまま貼り付ければOK

チケットは乗船時に見せるので、出しやすい場所にしまっておきましょう。

 

フェリーの乗り方⑤:乗船のアナウンスがあるまで待つ

オーシャン東久フェリーの待合いスペース

軽く飲食できるコーナーもあった気がします

チケットを受け取ったら、乗船のアナウンスがあるまで時間つぶし。

フェリーターミナルは土地が余っていて広いので、たいてい待合スペースがあります。

フェリーターミナルからの眺め

見送り用の場所でもあります

バイク等の場合、ここでアナウンスを聞いてから駐車場向かってもいいですし、駐車場で待っていてもOKです。

駐車場ではみんな手持ち無沙汰なんで、軽く話したりもしますね。

maruo
大抵「どちらから?」みたいな会話から始まります

 

sponsored link

フェリーの乗り方⑥:バイク(クルマ)に乗ってフェリーに乗り込む

フェリーターミナルのバイク置き場

こんな感じに並んで待ちます

乗船手続きが始まったら、いよいよフェリーに乗り込みますよ!

係員の方が誘導&チケット確認してくれるので、それが済んだらバイクでフェリーまで駆け上がります。

maruo
このときチケット見せるので、予め出しやすい場所に入れておこう

タラップ(?)を走って登っていくんですが、これが結構たのしい。でも飛ばすと危ないので慎重に!

フェリー内でバイクを固定してもらう様子

フェリー内でバイクを固定してもらう様子

フェリー内部に入ったら、誘導に従って停車。

  • ギアをローギアにする
  • ハンドルロックする
  • 必要なもの取り出す

が終わったら客室に向かいましょう。

バイクの固定は係員の方がやってくれるので気にしなくてOK。

注意

出向するとバイクの場所には戻れません!

必要なものは全部もって船室に向かいましょう。

 

オーシャン東九フェリーの内部をちょっと紹介

オーシャン東九フェリー内部

一番広いロビー?はこんな感じ

せっかくなので、フェリーの中もちょっと載せておきます。船内には、

  • 船室(ベッドがある寝泊まりする場所)
  • ロビー(自販機とかある)
  • トイレ、洗面所
  • 大浴場
  • ゲームコーナー
  • お土産コーナー
  • 喫煙ルーム

なんかがあります。基本的に困ることはないはず。

オーシャン東九フェリー内自販機

自販機ももちろんあります

オーシャン東九フェリー内電子レンジ

自販機で買った食べ物はここで温めることができます

オーシャン東九フェリー内船室

寝泊まりする場所はこんな感じ。右側の白いやつがベッドです

今回はオーシャン東九フェリーでしたけど、だいたいのフェリーはこんな感じだと思います。

maruo
ちなみに、北海道行く時乗ったフェリーはレストランもついてた気がする…!

 

sponsored link

フェリーに乗る際の注意点とか

フェリーで食べるカップヌードル

フェリー内ではカップ麺なんかも食べられるけど、揺れるのでこぼさないように注意

フェリーの注意点など

  • 出港すると結構揺れる
  • お風呂はあるけど、タオル類は有料
  • 基本的に船内は禁煙
  • 電波(携帯、Wi-Fi)は繋がりにくくなる

フェリー、ぶっちゃけかなり揺れます。

天候にもよりますけど、台風のときは歩くのも大変なくらいでしたね…でも揺れてるときのお風呂は面白いです。

あと、お風呂はありますがタオル類は有料な場合が多いです!

しかもそこそこの値段したりするので、節約したい人はタオル持っていきましょう。

maruo
歯ブラシとかも売ってるよ!

ちなみに、船内は基本的に禁煙。タバコは喫煙室があるのでそこで。

そして海の上だから当然ですが、電波は弱くなります。Wi-Fiは役に立たないと思ったほうがいいですね。

 

まとめ:フェリーに乗るのは結構簡単!ライダーは積極的に使おう

フェリーの鍵と乗船券

フェリーの鍵と乗船券

今回は、フェリーの乗り方について写真付きで解説しました!

  1. フェリーを予約する
  2. メールの予約番号を控える
  3. 当日、フェリー乗り場へ向かう
  4. 窓口で手続き、チケット類を受け取る
  5. 乗船のアナウンスを待つ
  6. バイクに乗ってフェリーに乗り込む
  7. フェリーの中について
  8. フェリー内での注意点など

 

ぶっちゃけ予約さえしてしまえば、後は乗船券受け取って乗り込むだけ!めっちゃ簡単です。

「北海道とか九州行きたいけど、なんとなくフェリーって取っ付きにくい…」

なんて思ってるあなたも、ぜひトライしてみてください!楽しいから!

 

あと、フェリー予約するならついでにホテルとかも予約しとくとグッド。

忘れちゃってて直前予約、とかだとバタバタしますしね。今のうちにエクスペディアあたりで探すのがオススメです。

maruo
よいフェリー旅、送れること祈ってます!

公式サイト(エクスペディア)

格安のホテルを探してみる

スポンサードリンク

あなたが好きそうな記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です