【歌詞和訳】Beatlesの名曲Let It Be(レットイットビー)。込められた意味や当時の背景、まとめました

このブログの人気記事

※別タブで開くので、とりあえずクリックしといて後で読むのがおすすめ

 

maruo
Let It Beって名曲だなァ…でもこの歌詞ってどういう意味なんだ?

 

ビートルズファンの皆様、そんなふうに思ったことありませんか?僕は思ってました。

なんというか、レットイットビーの歌詞って結構抽象的。ペニーレインあたりと比べるとかなりふんわりしています。

しかし実は、この曲には当時のビートルズへの「ポールの想い」が込められていたのです…!

そこで今回は、Let It Beの歌詞和訳・意味と当時のビートルズについてまとめてみました!

 

スポンサードリンク
 
 

Let It Be(レットイットビー) 歌詞・和訳

When I find myself in times of trouble,
困難にぶつかって途方にくれているとき、

 

Mother Mary comes to me
母、メアリーが僕のところにやってくるんだ

 

Speaking words of wisdom, let it be
そしてこう言うのさ、”なすがままに”って

 

And in my hour of darkness
そして本当にどうしようもなくなったとき、

 

she is standing right in front of me
メアリーは僕の目の前に立っていて

 

Speaking words of wisdom, let it be
僕を導いてくれるんだ、”なすがままに”ってね

 

Let it be, let it be, let it be, let it be
なすがままに、なすがままに。ありのままに、ただあるがままに

 

Whisper words of wisdom, let it be
僕を導いてくれる言葉さ、”なすがままに”

 

 

And when the broken hearted people
ボロボロになってしまった人たちが

 

living in the world agree
認められて生きられる世の中になったとき

 

There will be an answer, let it be
きっと答えはあるはずさ、なすがままに

 

For though they may be parted,
たとえ離れ離れになったとしても、

 

there is still a chance that they will see
いつかまた出会える日はきっとくるから

 

There will be an answer, let it be
答えはきっとあるはずさ、なすがままに

 

 

Let it be, let it be, let it be, let it be
なすがままに、なすがままに。ありのままに、ただ、あるがままに

 

There will be an answer, let it be
きっと答えはあるはずさ、なすがままに

 

Let it be, let it be, let it be, let it be
なすがままに、なすがままに。ありのままに、ただ、あるがままに

 

Whisper words of wisdom, let it be
僕を導いておくれ、”なすがままに”

 

Let it be, let it be, let it be, let it be
なすがままに、なすがままに。ありのままに、ただあるがままに

 

Whisper words of wisdom, let it be
僕を導いてくれる言葉さ、”なすがままに”

 

 

And when the night is cloudy
たとえ雲の晴れない夜があったって、

 

there is still a light that shines on me
僕の上には、まだ光が差している

 

Shine until tomorrow, let it be
その光はきっと明日へと続くから、だから大丈夫

 

I wake up to the sound of music,
音楽に気づいて目を覚ますと、

 

Mother Mary comes to me
メアリーが僕のところにやってくるんだ

 

Speaking words of wisdom, let it be
そしてこう言うのさ、”なすがままに”

 

 

Let it be, let it be, let it be, yeah, let it be
なすがままに、なすがままに。ありのままに、ただ、あるがままに

 

There will be an answer, let it be
答えはきっとあるはずさ、なすがままに

 

Let it be, let it be, let it be, yeah, let it be
なすがままに、なすがままに。ありのままに、ただ、あるがままに

 

Whisper words of wisdom, let it be
どうか僕を導いておくれ、”なすがままに”

 

 

by John Lennon / Paul Mccartney

 

sponsored link

Let It Be(レットイットビー)について。ビートルズ最後のシングル

  • 1970年シングル「レット・イット・ビー」で発表
  • 米ビルボード1位、英チャート2位、日本オリコン6位
  • 作詞、作曲、リードボーカルすべてポールマッカートニー
  • ビートルズ活動中最後のシングル
maruo
日本で売れたビートルズのシングルでは1位(138万枚)!

レットイットビー、ビートルズの代表曲と言っていいほど有名な曲ですね。(もちろん有名な曲は他にもたっくさんありますが)

活動中最後のシングル曲なので、レットイットビー≒ビートルズ解散のイメージが強め。

この曲、ジョンレノンとポール・マッカートニーの共作とされてますけど、実際はポールが単独で作った曲なんです。リードボーカルもポールだし。

なぜポールが単独でこの曲を作成したのか。

それは、次に書いている「当時のビートルズ」を知ることでわかってきます。

 

Let It Be(レットイットビー)の歌詞について。当時ポールは大変だった

  • 意味は「なすがままに、流れに任せて」
  • 曲全体として「たとえ大変な状況にあっても、流れに任せよう。きっと希望はある」
  • 当時のビートルズは分裂状態、その背景と重ねると歌詞の意味が通る
  • 歌詞内Mother Maryは聖母マリアではなく、亡くなったポールの母メアリー
maruo
ちなみにジョンも、同じ頃に母親を亡くしています

Let It Be(レットイットビー)は直訳で「なすがままに、流れに任せて」といった意味。

自分や周りのことに対して何とかしようとするのではなく、そのままあるがままに任せるという感じですね。

曲全体としては「たとえ大変な状況にあっても、流れに任せよう。きっと希望はある」ということを歌っています。

歌詞全体としてはとても抽象的ですが、当時のビートルズの背景を知ると歌詞の内容がより伝わってきます。

 

ビートルズは間違いなく世界一のバンドでしたが、解散直前の状況はそれはもう酷いものでした。

  • 公演活動の終了
  • ブライアン・エプスタインの死
  • 設立した「アップル・コア」の経営不振
  • ポールと他メンバーの対立
  • ジョンレノン脱退宣言

詳しくはビートルズの解散問題を読んでもらえるとわかりやすいです。もうガッタガタですね。

特にポールはこの頃ヒット連発でビートルズ内での発言力が強く、ほぼリーダー。

そのためブライアン・エプスタイン(ビートルズの立役者)の死後、なんとかみんなをまとめようとするものの、その独りよがり感にメンバー反発。

挙句の果てにはジョンがビートルズ離脱宣言。ポール、スコットランドの農場に引きこもっちゃうという有様です。

 

こんなビートルズ分裂状態の時に、ポールの母メアリー(ポールが14歳の時に亡くなっています)が降りてきて伝えたのが、

「Let It Be」”なすがままに、身を任せて”

でした。歌詞のMother Maryは聖母マリアではなく、ポールの母メアリーだったんですね。

そのメッセージを受けて、分裂しつつあるビートルズに宛てて(?)ポールが作った曲がLet It Beというわけです。

もう自分たちはどうにもならない、でもなすがままにまかせよう、きっと希望はある。そんなポールの想いが感じられます。特に、

For though they may be parted,there is still a chance that they will see
たとえ離れ離れになったとしても、いつかまた出会える日はきっとくるから

There will be an answer, let it be
答えはきっとあるはずさ、なすがままに

という部分はまさにポールのストレートな気持ちが詰まっていますね。目頭が熱くなってしまう…

大切で守りたいものだからこそ、ただあるがままにゆだねるしかない。そんな葛藤と希望がLet It Beには込められています。

 

ポールの言う”答え”って、なんだったんでしょうね。

再びみんながひとつになることなのか、各々が自分の道を見つけることなのか、それは明らかになってません。

 

sponsored link

Let It Be(レットイットビー)を聴けるサービス

maruo
スマホに曲をダウンロードすることもできます!

基本的に、ほとんどの音楽ストリーミングサービスでビートルズの楽曲は聞くことができます。

個人的にはAmazonプライムがオススメ。他のサービスは音楽だけですけど、Amazonプライム

  • お急ぎ便無料
  • プライムビデオ
  • タイムセール(会員のみ先行販売)
  • プライムフォト(写真保存し放題)
  • kindle端末割引
  • 毎月kindle本1冊無料

などなどのAmazonのサービスも使えちゃうからなんです!僕も使ってますが、超おトクだし便利。

料金は年額3,900円(税込)月額にすると325円なので、他のサービスよりずっと安いです。

聴ける音楽は他のサービスのほうが豊富ですけど、Amazonプライムも十分曲数多い(4,000万曲)です。ビートルズは結構曲あるし。

CDとか持ってないけどレットイットビー聴きたい!って方、ぜひAmazonプライムを利用してみて下さい。

公式サイトAmazonプライムを無料で試してみる

maruo
30日間無料体験できるので、まずおためしで!

 

まとめ:Let It Be(レットイットビー)は、ポールがビートルズへの想いを込めた名曲

  • Let It Be(レットイットビー)歌詞・和訳
  • ビートルズ最後のシングル、レットイットビーについて
  • レットイットビーの歌詞について。当時のポールは大変だった
maruo
僕が好きな曲トップ10には入る曲です

今回は、ビートルズ最後のシングル曲「Let It Be(レットイットビー)」の歌詞和訳や意味についてまとめました。

歌詞やメロディーそのものも素晴らしいこの曲ですが、背景を知るとさらに感じられる込められた想い。

ポールは今もライブでLet It Beを歌っていますが、その想いは変わっていないのだろうと想います。

公式サイトAmazonプライムで無料で聴いてみる

maruo
30日間無料体験できるので、まずおためしで!

スポンサードリンク

あなたが好きそうな記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です