【広島観光】広島城に行ってきたのでレビュー!アクセス・施設情報、天守閣からの眺めなどまとめました

このブログの人気記事

※別タブで開くので、とりあえずクリックしといて後で読むのがおすすめ

広島市内にそびえるキャッスル、広島城。

毛利輝元が築き、その後日清戦争時は軍用地にも使われた歴史ある建築物です。

そんな広島城、先日行ってきたので写真付きレビューしていきます!

 

スポンサードリンク
 
 

広島城についてざっくり説明

広島城、守天

原爆で焼失してしまったため、現在あるのは復元されたもの

広島城は、広島にある安土桃山〜江戸時代に築かれた城です。

毛利輝元により築城が決められ、1599年に完成。「広島」という地名も、この頃に定められたようですね。

本来の広島城は原爆によって(熱線には耐えたものの、爆風により下層が上部を支えきれなくなった)崩壊。

現在の広島城は1958年に復元されたものということです。

 

sponsored link

広島城に入る前、周辺情報について

水辺に囲まれている広島城

守天以外はだいたい無料で見学できます

シェアサイクル、ぴーすくる置き場あり

シェアサイクル「ぴーすくる」置き場

ぴーすくるで広島城来たら、ここに置いておけます

広島のシェアサイクル「ぴーすくる」置き場があります。

広島城見学後は、コレに乗って次の目的地に向かうのもいとおかし。

 

広島城まわりを遊覧船で周ることもできます

広島城遊覧船受付

横のお姉さん(恋水姫、こいみずきというらしい)が客引きしてた

広島城は水で満たされた堀に囲まれており、遊覧船でぐるっと周ることができます。

そして、こちらが乗れる船。

広島城遊覧船乗り場。舟はけっこう小ぶり

これに乗って花火とか観ちゃったら「最高」では?

「船」よりも「舟」と書いたほうがしっくりきますね。

このくらい小ぶりな方が、なんとなく風情があってイイ感じ。

そして気になる料金は、以下の通り!

  • 大人:1,400円
  • 小人:700円
  • 未就学児:350円

運行状況とか、詳しい内容は公式サイトからどうぞ。

公式サイト広島城遊覧船

 

広島城唯一?の橋、御門橋(ごもんばし)

広島城へと渡る橋、御門橋(ごもんばし)

いかにも「入り口」という感じ

ではいよいよ、広島城へ!

広島城内部へは、この「御門橋」を渡って入ります。

ここを渡ると、出入り口の防衛拠点である「二の丸(跡)」にたどり着く感じですね。

ちなみに、前に見える門は「表御門(おもてごもん)」

櫓門(やぐらもん)という形式の門で、中を見ることもできます。

※僕が行ったときは公開してませんでした…公式サイトで公開状況を確認してから行くと吉

 

sponsored link

広島城出入り口の防衛・出撃拠点「二の丸(跡)」

広島城「二の丸(跡)」

この広い空間、時折イベントで活用されているらしい

御門橋→表御門を通り抜けると、「二の丸(跡)」に着きます。

やけにだだっ広い空間ですが、これは馬出という「出入り口の防衛・出撃拠点」。

兵士や馬を配置するには、これくらいすっきりした空間が必要だったんだと思います(たぶん)。

ちなみに、広島城の馬出は他の城と比べると小さい方なんだそうです。

広島城「二の丸跡」の説明書き

二の丸の構造は「馬出」という出入り口に築くタイプ

表御門近くに説明的な看板もあります。

ちなみにこの二の丸(跡)、イベントなんかで活用されてるっぽいです。

そこそこスペースあるし、歴史も感じられてとってもいいアイディア。

 

広島城本丸下段と広島護国神社

広島城本丸下段

この芝生、ピクニックもできそう

二の丸跡を後にし(アトだけに)、さらに進んでいくと本丸下段に着きます。

ここにはかつて馬場(馬の稽古や競馬をする場所)や土蔵がならんでいたんだとか。

奥には広島護国神社も見えていますね。

広島護国神社

城の敷地内に神社があります

広島護国神社横の売店

あんまりギリギリの時間に行くと閉まっちゃいます

売店でおしるこなど食べて一休みするのもアリ。(今日は閉まってた)

そしてこの売店の隣に、本丸上段へと続く階段があります。

 

sponsored link

広島城本丸上段

日清戦争時の広島大本営跡

土台はしっかり残ってます

ここには日清戦争時に広島大本営として使われていた跡(広島大本営跡)が。

建物自体は原爆で破壊されてしまっていますが、土台部分は残っています。

広島場内部を記す石碑

石碑だから原爆にやられても残ってるのかもしれない

こちらは広島城内部が記されている石碑(?)です。

広島場内部が記された石碑(?)

石碑に金属板が埋め込まれてる

立体的になっていて結構リアル。

ちなみに、ここにトイレがあるので行っておくと吉。広島城内部にはトイレがないので…

 

広島城内部・天守閣

広島城天守

こうやって見るといい感じのお城

では、いよいよ広島城内部へ!

入場料は以下の通りです。たまに高校生も無料になってたり。

  • 大人:370円
  • 高校生/シニア:180円
  • 中学生以下:無料

ちなみに城内は撮影禁止なので注意。

 

広島城内施設

  • 1階:体験コーナーや広島城模型
  • 2階:武家の暮らし
  • 3階:刀剣や鎧の展示
  • 4階:広島城の歴史
  • 5階:展望スペース
maruo
撮影できなかったのでうろ覚えです…

広島場内では鎧を着た記念撮影ができる「体験コーナー」的なものや、刀剣の展示などを見ることができます。

そして一番上まで登れば、広島中心部を眺められる展望スペース!

広島城天守からの眺め

望遠鏡もあります(有料だったかな…?)

広島城(天守)自体は5階建てですが、土台が高いので実質11階建てビルくらいの高さがあるようです。確かに高かった。

この眺めだけでも、入場料の価値ありですね。

広島城天守からの眺め②

最初の方に書いた遊覧船が…!

遊覧船が行き交う様子を見ることもできます。

 

sponsored link

おまけ:堀の周りを散歩するのもいいかも

広島城の堀まわりの小路

堀のため池?には亀が泳いでました

広島城、内部もいいですけど堀の周りを散歩するのもオススメです。

上の写真みたいに、結構ギリギリの小路を歩けます。柵あるけど落ちないように注意。

 

広島城へのアクセス・施設情報

所在地〒730-0011 広島県広島市中区基町21-1
営業時間午前9時~午後5時半(二の丸)
午前9時〜午後6時(天守)
※時期によって変わります
休館日12/9・年末年始
入館料(一般)370円
入館料(高/シニア)180円
入館料(中学生以下)無料
アクセス(路面電車)「紙屋町東/西」駅から徒歩15分

※詳しくは広島城公式サイトをチェック

あと、全体を見て回るのに必要な時間は1~2時間ほどです。参考までに。

 

まとめ:広島城天守閣からの眺めはなかなか!

  • 広島城について
  • 広島城周辺情報
  • 広島城唯一の橋、御門橋
  • 防衛/出撃拠点、二の丸
  • 本丸下段と広島護国神社
  • 本丸上段
  • 広島城内部/天守閣
  • 堀周りの小路は散歩にピッタリ
maruo
天守入らなくてもケッコー楽しめる

今回は広島が誇るお城、広島城についてレビューしました。

天守は復元されたものっていうのがちょい残念ですけど、二の丸や本丸下段・上段は歩いて見るのもなかなか楽しいです。

お金に余裕があるなら、遊覧船に乗るのもいいと思います。絶対楽しい。

ぜひ広島来た際は、広島城にもよっていってください〜〜

スポンサードリンク

あなたが好きそうな記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です