【銭湯】交互浴の聖地、高円寺「小杉湯」の魅力まとめ!施設・アクセス情報も載せました

このブログの人気記事

※別タブで開くので、とりあえずクリックしといて後で読むのがおすすめ

 

maruo
小杉湯って何かと話題だけど何がいいの?狭いって聞いたけど?

 

高円寺の小杉湯、何かと有名ですよね。

”銭湯神”ことヨッピーさんからベタ褒めされたり、銭湯図解イラストレーターの塩谷歩波さんが番頭やってたり。

今回は、実際に小杉湯に行ってみて

「何がそんなに人を引きつけるのか」「小杉湯の魅力とは何なのか」

がなんとなくわかったので、まとめてみました!ぜひ参考にしてください〜〜

 

スポンサードリンク
 
 

高円寺の銭湯、小杉湯についてざっくり

高円寺の銭湯「小杉湯」の看板

この看板のレトロさもいいね

  • 杉並区高円寺にある銭湯
  • 交互浴の聖地と呼ばれている
  • 超回帰水を湯船からシャワーまで利用
maruo
超回帰水については後述します!

高円寺駅から徒歩5分の場所にある銭湯、それが小杉湯です。

その歴史は長く、創業は昭和8年。80年以上も愛され続けています。

またの名を「交互浴の聖地」といい、実際入ると交互浴をしている人がめちゃめちゃ多かったですね。

ちなみに小杉湯公式サイト、”インターネット黎明期”を感じられてとても良い。

住所〒166-0002 東京都杉並区高円寺北3丁目32−2
営業時間15:30~25:45
定休日毎週木曜日
料金大人:460円
小学生:180円
幼児:80円
アクセス高円寺駅北口より徒歩5分

※施設情報・アクセス情報など

 

sponsored link

小杉湯の魅力①:圧倒的雰囲気のたたずまい。安心感がある

  • まさに昔ながらの銭湯、という雰囲気とたたずまい
  • 最近は現代的なデザインの銭湯が多め、小杉湯はその逆
  • 不思議な安心感がある
maruo
レトロ映画にそのまま出てきそうな雰囲気

まず小杉湯がすごいのは、そのたたずまい。こんな雰囲気のある銭湯、なかなかありません。

写真を見てもらえれば、伝わるはず。

高円寺の銭湯「小杉湯」外観①

この細い小路に、小杉湯はあります

高円寺の銭湯「小杉湯」外観②

この屋根の感じ!昔ながらの銭湯という雰囲気

高円寺の銭湯「小杉湯」外観③

この日は温泉の日で、源泉を沸かしたお風呂でした

いいでしょう。古き良き日本の銭湯、ここにあります。

最近は久松湯のように「割と現代的な銭湯」が多めですけど、ここは昔ながらの銭湯という感じ。

新しいデザインの良さが「洗練さ」だとしたら、こういう古いものの良さは「安心感」ですね。

このたたずまいと雰囲気の良さが、小杉湯の魅力のひとつです!

 

小杉湯の魅力②:お客さんのことを考えたサービス・アメニティ

  • ミニタオル無料、バスタオルたった40円!
  • シャンプー類も備え付け。500円で事足りる
  • アメニティのアップデートも積極的
maruo
気負うことなく手ぶらで行けちゃいます!

小杉湯の良さは、そのサービス・アメニティにも。

例えば普通の銭湯って、ミニタオルはフツー有料なんですよね。で、バスタオル100円みたいな。

小杉湯は、なんとミニタオル貸出無料。バスタオルも40円。入浴料金と合わせてもワンコイン(500円)です。

小杉湯の看板ボード

ミニタオル無料の銭湯、初めて見た

これは「気負わずにふらっと来て欲しい」という小杉湯の意向によるものだとか。ホント素晴らしい…

確かにちょっと銭湯行こうかなって思っても「あータオル持ってきてない、家にあるのに借りるのもな~」ってよくなりますもんね。

 

そしてアメニティですが、シャンプーやボディソープが備え付け。もちろん販売もしています。

※友人曰く「前よりいいシャンプーになってる」とのこと。アメニティのアップデートも積極的

これはかなり嬉しいですね。ホントにふらっと500円だけ持って行けば事足りてしまいます。

さらにドライヤーに関しても、つい最近新しくなったそうです。お客さんのこと、考えてる〜〜

 

お客さんのことを考えて、サービスやアメニティをアップデートさせていく姿勢。

これもまた、小杉湯の魅力だと感じました。

 

sponsored link

小杉湯の魅力③:交互浴のしやすい環境。湯船横に解説マンガも

  • 湯船の温度が複数ある
  • 不思議と水風呂に入りやすい
  • 湯船横に交互浴のやり方解説マンガが貼ってある
maruo
なぜか小杉湯の水風呂は入りやすい…!

小杉湯が「交互浴の聖地」と呼ばれる理由でしょう。交互浴のしやすい湯船環境です。

個人的に3つ、感じたことを下に書いていきます。

 

まず一つ目は、湯船の温度が複数あること。熱い湯船だったり、温めの湯船だったり。

小杉湯で初めて知ったんですが、熱めの湯船に入った後は水風呂に入りやすいんですね。

僕は割と水風呂が苦手だったんですが、熱いお湯に使った後に水風呂入ったらフツーにいけました。克服できた。

だから、「ゆったり浸かる用の湯船」と「交互浴用の湯船」それぞれがあるのはとてもありがたいです。

 

そして二つ目は、不思議と水風呂の刺激が少なく感じること。

他の銭湯で水風呂入ると「内臓がダメージ受けてる感」あったんです。冷えすぎてるような。

でも小杉湯の水風呂は入りやすい。これ僕にもよくわからないんですけど、とにかく入りやすいんです。

  • 水風呂の温度が少し高め
  • 湯船が小さめなので、身体まわりの水温が安定しやすい
  • 超回帰水による低刺激

あたりが理由だとは思うんですけどね。不思議です。

※超回帰水については後述

 

そして3つ目は、交互浴解説マンガが湯船横に貼ってあること。

4コママンガで「整いレベル」ごとに交互浴のやり方が解説されてます。わかりやすい。

※「整う」というのは身体が究極にリラックスしている状態のこと

例えば、初心者向けの交互浴は「脚・腕だけを水風呂に浸からせる」やり方が解説されてます。いきなり首まで浸かるのは勇気いりますもんね。

そして整いレベル∞(むげんだい)になると、もっと精神的な、まるで「解脱」のような整いが解説されています。僕にはまだよくわかりませんでした

こういう解説が貼ってあると、交互浴初めての人もやりやすくていいですね。僕も「最後は水風呂でシメる」って小杉湯で知りました。

 

こんなふうに「交互浴をしやすい環境」であること。

これが小杉湯の魅力であり、交互浴の聖地と呼ばれるゆえんなのだと思います。

 

小杉湯についてよくありそうな質問と答え

Q:超回帰水ってなんですか?

A:「良質の軟水」とのことです。

人類、水素水でハデにエセ科学やらかしてますからね。僕も超回帰水にちょっと不信感ありました。

なんかこれもスンゲー似非科学チックな水だなと思ってたら、軟水でした。安心。

たしかに軟水が肌に優しいっていうのはよく知られてます。美肌効果もあるんだとか。

とにかく、名前が怪しいってだけでちゃんとしたものっぽいです。

※待合室で飲むこともできます。味はフツーの水でした

 

Q:広さはどうですか?混みますか?

A:狭い方だと思います。けっこう混んでます。でも悪くない感じ

小杉湯の湯船は4つありますけど、どれも小さめ。全体でも20人ちょっとしか入らない気がしました。

※湯船はミルク風呂とかジャグジー風呂とかいろいろ。たまに源泉使った温泉風呂もあります

そして、人気の銭湯だけあって結構混んでます。夜の0時頃でも人がいっぱいでしたね…

でも、混んでるがゆえの不快感みたいのはあんまりありません。回転も早い感じです。

どうしても空いてる状態がいい!って方は、開店直後に行くとグッド。

 

sponsored link

まとめ:小杉湯はいいぞ!一度は交互浴に行って”整え”を体感せよ!

小杉湯の暖簾(のれん)

この暖簾(のれん)も結構有名なものらしい

  • 小杉湯は80年以上続く、高円寺老舗の銭湯
  • 魅力①:圧倒的なたたずまい
  • 魅力②:お客さんのことを考えたサービス、アメニティ
  • 魅力③:交互浴のしやすい環境
  • 超回帰水とは良質の軟水
  • 湯船は狭めで結構混んでる、でもそんなに不快ではない
maruo
高円寺に住んでるならマストゴー!

今回は、高円寺の銭湯にして「交互浴の聖地」こと小杉湯をレビューしました。

結論として、ここはかなりオススメです!みんなが褒める理由もわかりますね。

水風呂が苦手な人も、一度ここで交互浴してみてください。僕みたいに「イケる!」ってなるかもですし。

高円寺近くで泊まりの際は、ぜひ小杉湯で一風呂どうぞ〜〜

スポンサードリンク

あなたが好きそうな記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です