【Ploom S】プルーム・エスをレビュー!JTの本気を感じる加熱式タバコデバイス

このブログの人気記事

※別タブで開くので、とりあえずクリックしといて後で読むのがおすすめ

 

maruo
正直言って想像以上!かなりクオリティ高い加熱式デバイスです

 

JTがついに本気を出しました。iQOS・gloにタメを張れる加熱式デバイスです。

以前からPloom techは販売されていましたが、それはタバコというよりもVAPEに近いものでした。加熱式のパンチ感にはかなわなかった。

しかし今回出たPloom Sは加熱式タバコ!それも、吸いごたえや吸い殻の無臭さはマジですごい!!

この記事ではそんなPloom Sを徹底レビューします!Ploom Sの購入を考えている方、ぜひ参考にしてください。

 

Ploom SとはJTが販売している加熱式タバコデバイス

Ploom SとはJTが販売している加熱式タバコデバイス

形状的にはgloに近い

Ploom Sとは、JTが新しく発売した加熱式タバコデバイス。Ploomブランドの製品です。

  • マットな手触りで高級感のある外観
  • 吸いごたえのあるたばこスティック
  • 連続吸引可能(10本程度)
  • 吸い殻がほとんど臭わない

というように、あらゆる加熱式タバコの良いところを集めた完成度。特に吸い殻の無臭さがすごい!

唯一残念なのが、バッテリーが心もとないところ。約10本はさすがに少ない…

とはいえ、吸いごたえがあるのに吸い殻がにおわないのは本当にグッド!iQOSから乗り換えるのも全然アリです。

サイズ56.3 × 93.2 × 24.5(mm)
重量95.1g
連続喫煙本数約10本
最大喫煙本数約10本
バッテリー容量1,020mAh

 

Ploom S(プルーム・エス)スターターキットの開封・外観

外箱と内容物(本体・アダプタ・ケーブル・クリーニングスティック・説明書・保証書)

Ploom S(プルーム・エス)スターターキットの開封:外箱と内容物(本体・アダプタ・ケーブル・クリーニングスティック・説明書・保証書)

おしゃれな感じの外箱

まずは開封していきます。外箱はこんな台形の箱。

ちょっと小洒落てる感ありますね。

Ploom S(プルーム・エス)スターターキットの開封:外箱と内容物(本体・アダプタ・ケーブル・クリーニングスティック・説明書・保証書)

この納まり方、Apple製品っぽい

箱を開けると、プルーム・エス本体が鎮座。

Ploom S(プルーム・エス)スターターキットの開封:外箱と内容物(本体・アダプタ・ケーブル・クリーニングスティック・説明書・保証書)

内容物一覧。アダプタも小さくていい感じ

内容物は上の写真のとおり。

保証書やクリーニングスティックは失くしやすいので、箱に入れて保管しておくのがオススメです。

 

プルーム・エスの外観:マットで高級感のある質感、サイズはgloよりやや大きいくらい

プルーム・エスの外観:マットで高級感のある質感、サイズはgloよりやや大きいくらい

サラサラしていて、ずっと持っていたくなる触り心地

Ploom Sの正面。シンプルにロゴだけが描かれているのがいいですね。

Sの部分だけゴールドになっているのも高級感あってグッド。

そして触り心地が良い!サラサラとしたマット素材で、安っぽさがありません。

プルーム・エスの外観:マットで高級感のある質感、サイズはgloよりやや大きいくらい

シリアル番号や製造地情報が載ってる

裏側。アンペアやシリアル番号、製造地情報がプリントされています。

プルーム・エスの外観:マットで高級感のある質感、サイズはgloよりやや大きいくらい

上部のボタン類など。ここの作りも良い

上部。たばこスティック挿入口(写真では閉じてる)、ランプ類、アクションスイッチという加熱ボタンがあります。

このへんの作りも良く、タバコスティック挿入口は「カシャッカシャッ」と小気味よく開閉可能です。

プルーム・エスの外観:マットで高級感のある質感、サイズはgloよりやや大きいくらい

給電口と通気口。クリーニングスティックで掃除する際は通気口を開ける

底面。給電口と通気口があります。

そこは丸いカーブ形状になっているので、立てておくことはできないっぽいですね。

(別に立てておく需要はそんなに無いと思うけど…)

 

Ploom S(プルーム・エス)の使い方・使用感

使い方:たばこスティックを差し込み、アクションボタンを長押し

Ploom S(プルーム・エス)の使い方:たばこスティックを差し込み、アクションボタンを長押し

これがプルーム・エスのたばこスティック。タバコ葉は先っぽにつまってる

ではプルーム・エスを使っていきましょう!

たばこスティックを取り出して…

Ploom S(プルーム・エス)の使い方:たばこスティックを差し込み、アクションボタンを長押し

上部のスティック挿入口をオープン。開けると自動で電源がつく

プルーム・エスのスティック挿入口をオープン。

Ploom S(プルーム・エス)の使い方:たばこスティックを差し込み、アクションボタンを長押し

スティックをさす深さはこのくらい

タバコスティックをプルーム・エスに差し込みます。

上部のアクションボタンを2秒ほど長押し!

ブルッとバイブレーションがきて、ランプ点灯・加熱がスタートします。

Ploom S(プルーム・エス)の使い方:たばこスティックを差し込み、アクションボタンを長押し

右側のランプが全て点灯したら喫煙開始

白いランプが全て点灯したら、加熱完了。ゆったり喫煙を楽しみましょう。

加熱完了時にもバイブレーションがくるので、加熱完了を見逃すことがないのがグッド。

Ploom S(プルーム・エス)の使い方:たばこスティックを差し込み、アクションボタンを長押し

時間とともにランプが消えていき、喫煙終了時にはランプが全て消える

時間の経過とともに白いランプが消えていき、全て消えると喫煙時間終了です。

ちなみにランプ残り1つ(2分45秒くらい)・ランプ全て消滅時(3分15秒くらい)にもバイブレーションがきます。めっちゃお知らせしてくる

 

使用感:蒸気はやや少ないものの、吸いごたえはグッド

Ploom S(プルーム・エス)の使用感:蒸気はやや少ないものの、吸いごたえはグッド

Ploom techになかったアタック感。吸いごたえ◎

プルーム・エスの使い心地ですが、正直言ってかなり良い!

蒸気は少なめですが、加熱式タバコゆえのアタック感もありますし吸いごたえ良し。

本体の質感が良いせいか、持ってる間もあまり重さが気になりません。

加熱開始時・加熱完了時・ランプ残り1つ時・喫煙終了時でバイブレーションがくるのもいいですね。要所要所で気づけるし。

サイズ的にiQOSユーザはちょっと違和感を感じるとは思いますが、gloユーザなら直感的に使えるはず。

 

Ploom S(プルーム・エス)のメリット・良いところ

全体的な高級感。本体の質感の高さ

さすがはJTというべきか、プルーム・エスの質感はかなり高いです。高級感がある。

maruo
できの良いデバイス!って感じ

蓋のガタつきもないですし、マットな手触りもグッド。ワンポイントのロゴもいい感じです。

持っててちょっと楽しくなるデバイスですね。安いノートPC持つよりMacbook持ってる方が満足感あるというのに似ています。

 

吸い殻が焦げないため、吸い殻がほぼ無臭

Ploom S(プルーム・エス)のメリット・良いところ:吸い殻がほぼ無臭

見て分かる通り、焦げてすらいない!

加熱式タバコによくある独特な匂い、プルーム・エスにはほぼありません。本当にびっくりした。

  • 加熱温度が200℃と低め(iQOSは350℃)
  • gloのように周りから加熱するので葉が焦げない

というのがその理由。あの独特な匂いって加熱温度が高まるほど強くなるんですよね…

プルーム・エスの吸い殻は本当に無臭で、gloよりも匂いが少ないほど!

「紙巻はイヤだけどiQOSの匂いも苦手」

な人にこそ、プルーム・エスはピッタリです。

 

Ploom techになかった吸いごたえ、満足感

「プルームテックに変えたけど、結局紙巻に戻った」

って人結構いるんですけど、それってやはり吸いごたえがポイントになるんですよね。

ぶっちゃけプルームテックはVAPEなので、紙巻吸ってた人にとっては物足りなくなりがち。

でもプルーム・エスは吸いごたえバッチリ!ぶっちゃけレギュラーは僕にはきついレベルです。

プルームテックでは刺激が少なかった方、ぜひ試してみてください!

 

実はたばこスティック1本で2回吸える

これはちょっと裏技ですが、実はプルーム・エスって1本で2回吸えます。

上に書いたように低温ゆえに焦げないので、たばこスティックのグリセリンが1回ではなくならないのが理由っぽい。

さすがに1回目よりは味が薄くなりますが、それでも十分楽しめます。

maruo
3回目はさすがにスカスカですが…

実質、1箱200円代!これタバコ代を節約したい人にとってかなり嬉しい情報では?

 

Ploom S(プルーム・エス)のデメリット・悪いところ

最大で約10本しか吸えない

これがプルーム・エス最大のデメリット・弱み!最大喫煙可能本数が10本程度です。

ぶっちゃけある程度吸う人にとって、1日持たないんですよね。要所要所で充電しないといけない。

gloやiQOSは20本以上吸えてしまうので、このバッテリー容量の少なさはかなり痛いですね…

とはいえ理由もあるらしく、搭載するバッテリーの審査などが厳しくなかなか多めには積めなかったようです。安全性を優先したゆえの結果。

maruo
ヘビースモーカーな方は、軽めのモバイルバッテリーとか持っといた方が良さそうです

 

本体価格はややお高め

gloと比べると、本体価格はややお高めですね。たぶん品質担保考えるとコストかかった模様。

※ぶっちゃけgloは半年くらいでダメになりやすいですし

とはいえiQOSの新型も同じくらいのお値段なので、価格の高さは仕方ないのかもしれません。

 

まとめ:最大喫煙本数以外はプルーム・エスかなり優秀!アイコスやgloからの乗り換えもいいと思う

まとめ:最大喫煙本数以外はプルーム・エスかなり優秀!アイコスやgloからの乗り換えもいいと思う

バッテリーさえ長持ちすれば完璧な製品だった…

今回はJTの新型加熱式タバコデバイス「Ploom S(プルーム・エス)」をレビューしました。

最大喫煙本数はネックですが、吸い殻の無臭さ・高級感・1本で2回吸えるというメリットはかなりのもの!

実際僕はgloとプルーム・エス、両方よく使っています。iQOSは会社の先輩に売っちゃったのに…

買おうか迷っている方、買っちゃっていいと思います。

プルーム・エス、JTの本気を感じるくらい完成度が高いので!

もう、虫歯はイヤですか?



何度も繰り返し虫歯ができてしまうあなた。
それは、毎日の歯磨きに原因があるのかも。

善玉菌配合のオールインワン歯磨き粉大人用ブリアンは、そんなあなたのために作られました。

◎世界初の虫歯予防菌
◎歯周・口臭もケア
◎界面活性剤などは不使用

もう歯医者に行きたくない、そう思うのは当たり前。
だったら、毎日の歯磨きで虫歯を予防するのが一番ですよね。

これ以上虫歯を作らないために。
歯周・口臭予防歯磨き粉『大人用ブリアン』で、虫歯を予防しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です