【レビュー】バイクのバッテリーが上がってエンジンがかからない!そんな時はArteckのジャンプスターターがおすすめ

スポンサーリンク
バイク
maruo
maruo

久しぶりにバイク乗ろうとしたらバッテリー上がっててエンジンかからない…

バイクのバッテリー上がり、マジ困りますよね。
久しぶりに乗るか~~とか思ってたら動かない!みたいな。

バッテリー替えちゃうのが一番早いんですが、走ればバッテリー充電できるしって考えるともったいない気も。
とりあえずさっと乗れるようにしたいですよね。

そんな時便利なのがジャンプスターター!
バッテリーの代わりに電気を供給し、セルが回るようにしてくれるアイテムです。

今回はそんなジャンプスターターの中でも、人気の高いArteckのジャンプスターターを買って使ってみたのでレビューします!

バイクのバッテリー上がりで困ってるあなた、ぜひ参考にしてください。

 

Arteckジャンプスターターのスペック・内容物・外観

Arteckジャンプスターターのスペック・内容物

ケースは結構しっかりしてる

Arteckジャンプスターターの内容物は上の画像の通り。

  • ジャンプスターター
  • 外部バッテリーチャージャー
  • USB-C、micro-USB、ライトニングケーブル
  • 収納用ケース

ジャンプスターターのクランプ(洗濯ばさみみたいなやつ)が結構丈夫そうでグッド。
後述しますが、外部バッテリーチャージャーはモバイルバッテリーとしても利用可能。
そのため、スマホ等に充電するためのケーブルがついてます。

スペックは以下の通り。

  • バッテリー容量8,000mAh
  • USB出力2.1Amp/12V出力
  • LEDライト120時間点灯
  • 最大20回のジャンプスタート
  • 重量680g

容量8,000mAhってなかなかですよね。スマホめっちゃ充電できそう。
そしてその容量のおかげか、ジャンプスタートは最大20回可能です。
地味にLEDライトついてるので、夜中のバッテリー上がり時にも安心。

Arteckジャンプスターターのスペック・内容物

車のマークついてるところが、ジャンプスターター出力用ポート

側面はこんな感じ。出力ポートとLEDライトが並んでます。

 

Arteckジャンプスターターの使い方・手順

Arteckジャンプスターターの使い方・手順

このカバーの中にバッテリーが入ってる

まずはバイクのサイドカバーを外しましょう。
僕のバイク、ST250Etypeの場合は右側にバッテリーがありました。だいたいそうなのかな?
マイナスドライバーが必要になるので、工具類無い人はこの機会に買っとくといいかも。
僕はE-Valueのガレージツールセット使ってます。

Arteckジャンプスターターの使い方・手順

サイドカバーを開けたところ。マシンって感じ

サイドカバーを外すとこんな感じにバッテリーが見えます。
+-の部分にジャンプスターターを接続していくわけですね。

Arteckジャンプスターターの使い方・手順

プラスに赤、マイナスに黒のクランプをつける

+に赤、-に黒のクランプを付けましょう。
ほんのちょっとついてるだけでも大丈夫。

Arteckジャンプスターターの使い方・手順

ゴムのカバーはこんな感じにぐいっと下にどかせばOK

+についてるゴムカバーがちょっと邪魔ですが、ぐいっと下にどかせばクランプ付けられます。

Arteckジャンプスターターの使い方・手順

外部バッテリーに接続し、スイッチオン

クランプをバッテリーに付けたら、外部バッテリーに接続してスイッチオン。

Arteckジャンプスターターの使い方・手順

緑のランプがついていればOK

スイッチ入れた後、ジャンプスターターのランプが緑色になってればOKです。
赤く点滅している場合は、もう一度付け直してみてください。

Arteckジャンプスターターの使い方・手順

あとはキーをONにして、エンジンをかけるだけ

スイッチオン後、20~30秒以内にエンジンをかけましょう。
問題がなければフツーにかかって感動します、こんな小さいバッテリーでもエンジンかかるんだ~~みたいな。

エンジンがかかった後は、速やかにジャンプスターターを外してください。
サイドカバーを付け直すのも忘れずに。

 

Arteckジャンプスターターのメリット・良いところ

  • バイクだけでなく車にも使える
  • モバイルバッテリーとしても利用できる
  • LEDライトがついてるので夜間の作業もOK

Arteckジャンプスターターのメリットは上の通り。

今回はバイクのバッテリー上がりに使いましたけど、車のバッテリー上がりにも使えるとのこと。
もし出先でバッテリー上がったりしたら大変ですしね、お守り代わりに入れとくのも良さそう。

そしてバッテリーですし、モバイルバッテリーとしてスマホなんかの充電に使えるのもグッド。
普段はモバイルバッテリーとして使い、いざというときはジャンプスターターとして使えちゃいます!

あとはおまけっぽいですが、LEDライトもついてます。夜間の作業にどうぞ。

 

まとめ:Arteckのジャンプスターターがあれば、バッテリー上がりも安心!

まとめ:Arteckのジャンプスターターがあれば、バッテリー上がりも安心!

サイドバッグとかに入れておいて、もしもの時に備えよう

今回はバッテリー上がり対策アイテム、Arteckのジャンプスターターをレビューしました。

正直これでエンジンかかるなんてすげぇ~~と感動しましたね。便利な世の中になった…
普段からバイクのサイドバッグに入れておけば、スマホの充電・バッテリー上がり対策として活躍します。

もし「バイク動かしたいのに、このタイミングでバッテリー上がってしまった…」なんて状況なら、このジャンプスターターを買ってみてください。
イザというときのお守りにもなりますよ。おすすめです。

maruo
maruo

とはいえ完全にバッテリーなくなってしまってるなら、早めにバッテリーそのものを交換しましょう…

コメント

タイトルとURLをコピーしました