フリーランス必見!freeeを使った請求書の作り方・手順を解説します

スポンサーリンク
フリーランス
maruo
maruo

freeeならそのまま確定申告にも使えます!

フリーランスで仕事をするなら、必要になってくるのが請求書。
ブログとかYoutubeの広告収入だけで生活するならいらないかもですが、お客様をもって仕事をするなら請求書は必ず作ることになります。

僕もGoogle広告運用の仕事を請けていますが、ちゃんと請求書作って出してます。
取引先からしても、税金とかの面で請求書ないとマズいですしね。

とはいえ、請求書って作ったことないとよくわからないはず。
自分でフォーマット作るのも大変そうだし、そもそも必要な項目って何??みたいな。

そこで今回は、僕もやってるfreeeによる請求書の作り方・手順を解説します!

仕事受けたけど、請求書の作り方がわからない。そんなあなた、ぜひ参考にしてください。

 

freeeを使った請求書の作り方・手順

freeeを使った請求書の作り方・手順

とりあえずはスターターでいいと思う

まずはfreeeに登録しましょう。
freee公式サイトにアクセスしてください。

freeeを使った請求書の作り方・手順

無料でお試しができるのがグッド

とりあえずはスタータープランの無料を選べばいいです。
「無料ではじめる」をクリック。

freeeを使った請求書の作り方・手順

僕はフリーランスなので個人事業主を選択

アカウント新規作成画面に映るので、必要事項を入力。
「freeeを始める」をクリック。

freeeを使った請求書の作り方・手順

届いたメールのリンクをクリックし、認証を完了

認証メールが届くので、メール内リンクをクリックしてください。

freeeを使った請求書の作り方・手順

登録完了、いよいよ請求書作成へ

メール内リンクをクリックすると、freeeの登録が完了です。
左上「取引」メニュー内の「請求書」をクリック。

freeeを使った請求書の作り方・手順

まずは自動入力のためのテンプレを作っていきます

まずは初期設定を進めます。「はじめる」をクリック。

freeeを使った請求書の作り方・手順

ここでレイアウトとかを決めていく

見積書のデザインなんかをここで決めていきます。
特にこだわりないなら、クラシックで大丈夫。

freeeを使った請求書の作り方・手順

とりあえずクラシック選んどけば問題なし

レイアウト選択画面に移るので、選択して「決定する」をクリック。

freeeを使った請求書の作り方・手順

この「特に理由がない場合は~」ていうのがいいですね、わかりやすい

次に源泉徴収税の計算方法について。
こちらも特にこだわりなければ「消費税を含めない」を選択。

freeeを使った請求書の作り方・手順

ロゴもなくて特に問題なし

ロゴの設定もできます。こちらは特になければスキップ。

freeeを使った請求書の作り方・手順

ここで請求書をクリック

いよいよ請求書のテンプレートを作っていきます。
今回は請求書なので請求書のリンクをクリック。

freeeを使った請求書の作り方・手順

自動入力のための情報をここで設定

このテンプレをカスタマイズして、自分の請求書を作成します。
連絡先・振込先情報だけ入れれば大丈夫です。
入力したら保存し、左上「取引」メニューから「請求書」をクリック。

freeeを使った請求書の作り方・手順

請求書の解説もカンタンに書いてあります

請求書の作成画面に移ります。
「請求書を作成」をクリック。

freeeを使った請求書の作り方・手順

ここから請求書の内容を入れていきます

テンプレが表示されていますが、スルーして左上「作成する」をクリック。

freeeを使った請求書の作り方・手順

最初は取引先が無いので登録する必要あり

まずは取引先を入力します。
といっても最初は何も登録されてないので「新規登録」をクリック。

freeeを使った請求書の作り方・手順

ショートカットはとりあえずなくていいかも

このようにポップアップが出るので、取引先の会社名を登録しましょう。
その後、取引先の住所や担当者名を入力し「請求書の作成を開始する」をクリック。

freeeを使った請求書の作り方・手順

明細の行を入れていきましょう

すると上の部分には取引先情報・自分の事業所情報が自動で入ってます。便利…!
下に請求内訳を入れられるので、その詳細や数量・単価などを入れていきましょう。
行は+ボタンを押すことで増やせます。
請求内訳を入れたら「保存」をクリック。

freeeを使った請求書の作り方・手順

請求書が完成。あとは発行してメールするだけ

すると小計や合計金額も入り、請求書が完成します。
「発行」をクリックすることで、freee内でこの請求書が登録されます。
このままメール添付する場合、上の「メール添付」をクリック。

freeeを使った請求書の作り方・手順

本文のテンプレがついてるのが嬉しい

するとポップアップが開き、メール送信画面が出てきます。本文もテンプレが入ってるのでラク!
ここに送信アドレスや件名を入れて「メール内容を確認する」をクリック。

freeeを使った請求書の作り方・手順

送信前にもう一度確認しておきましょう

ここで送信内容を確認可能。
問題なければ「スマート請求書を送信する」をクリックすれば、請求書メールが取引先に送信されます。
この時点で請求書は「入金待ち」になっているので、取引先の入金があったら決済を登録して保存しましょう。

 

freeeのメリット・良いところは請求書を確定申告につなげられること

freeeのメリット・良いところは請求書を確定申告につなげられること

misocaとかもシンプルでいいんですが、確定申告につなげられるのはfreeeの強み

正直請求書を作るだけなら、自分でエクセルなんかで作ることができます。
misocaというサービスもありますね。シンプルに請求書を作れるやつ。

しかしfreeeの良さは、もともと会計サービスという点。
登録した請求書を確定申告につなげられるのはやはり強いです。
結局フリーランスやるなら、確定申告避けては通れませんからね。

有料だったりいろいろ設定が大変というデメリットはありますが、個人的にはfreeeでやっとくのが一番いいと思います。
僕もmisocaとか使おうと思ったけど、結局freeeを選びましたし。

 

まとめ:フリーランスやるなら請求書作成は必須!freeeでちゃんと作って取引先に送ろう

まとめ:フリーランスやるなら請求書作成は必須!freeeでちゃんと作って取引先に送ろう

なんだかんだfreeeは優秀

今回はフリーランスに欠かせない請求書について、freeeで作成する手順を紹介しました。

ほんと最初って、こういう文書どう作っていいかわからないものなんですよね。
書式とかも入れるべき項目とかいろいろありますし。

でもfreeeを使えば、とっても簡単に請求書を作ることができちゃいます。
そしてその請求書の入金情報を利用して、確定申告にも役立てることが可能。
やっぱり多少お金かかっても、こうしたサービスは利用すべきですね。

これからフリーランスとしてやっていく方、ぜひfreeeで請求書を作ってみてください。
実際利用してる身からしても、かなりおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました