iPad Proの得意な作業・苦手な作業まとめ!出先での軽い作業やメモ、簡単な画像編集などが得意です

スポンサーリンク
iPad
maruo
maruo

iPad ProとPC、それぞれ得意とする分野があります

iPad Proって結局何が得意なの?
そう思う気持ち、よくわかります。イマイチどこまでがiPad Proでできることなのか、購入前は気になりますよね。

実際僕は「iPad Proで何でもやってやるぜ~~」みたいな気持ちを持っているんですが、やはりそうもいきません。iPadもPCも、それぞれ得意不得意がありますから。
両方持ってて使ってるからこそ、その得意分野が良く分かってきます。

ということで今回はiPad Proの得意な作業・苦手な作業をまとめてみました。

これからiPad Pro買おうと思ってるけど、自分の利用スタイルに合うかわからない。
そんなあなた、ぜひ参考にしてください。

 

iPad Proが得意な作業①:ペン(Apple Pencil)を使ったメモやお絵かき

iPad Proが得意な作業①:ペン(Apple Pencil)を使ったメモやお絵かき

ホントにApple Pencilはすごい。ノーストレス

iPad Proが他のデバイスより遥かに優れている点。それがペン性能です。

実際Apple Pencilはホントにすごいですよ。遅延ほとんど感じません。
メモや絵を描く用途に使ってみていますが、まるで紙に書いているみたいです。
そのうちiPad Proだけで仕事する漫画家も出てくるんじゃないでしょうか(もしかしたらもういるかも)。

またペン性能に合わせて、メモやお絵かき用アプリも豊富なのがいいですね。
僕はProcreate(高性能絵描きアプリ)Concept(無限に広がるメモ帳)あたりをiPad Proに入れてます。
これでもうキャンバスや手書き用ノートを持ち歩いているようなものですからね、技術の進歩は本当にすごい。

絵師さんやイラストを仕事にしている方、iPad Pro買いましょう。
そこまで絵を多く書かない僕でもかなり重宝するくらい、iPad Proのペン性能はすさまじいので…

 

iPad Proが得意な作業②:出先でのWEBや資料閲覧・軽作業

iPad Proが得意な作業②:出先でのWEBや資料閲覧・軽作業

資料見ながらメモ、くらいの作業にはiPad Proがちょうどいい

iPad Pro、出先でWEB閲覧したり軽く作業するのに向いてます。

というのもiPadって作業に取り掛かるまでの心理的ハードルが低いんですよね。
ノートPCだと「作業するか…う~~ん」みたいになっちゃいがちな人(僕です)でも、軽い気持ちで開いて作業始められます。
多分キーボードではなくタッチディスプレイだからなんでしょうか。仕事感が薄れるというか。

そして画面が結構広いため、WEB閲覧・資料閲覧にもグッド。
個人的に閲覧に関してはノートPCよりいい気がしますね、拡大とかしやすいですし。
あと縦にすれば紙の資料っぽく読めるのもポイント。

テキスト打ったりする作業についてですが、メールや簡単な資料づくり程度ならiPad Proでも十分こなせます。
外付けキーボードが無い場合はソフトウェアキーボードになるのでちょっとコツが要りますが、それほど長い文章じゃなければあまり苦戦しないはず。
ちなみに僕は先日iPad Proのみでブログを執筆(2,000文字以上)しましたが、割といけました。
意外とソフトウェアキーボードでもブラインドタッチいけるんですよね。学びだ…

iPad Proの強みは、その作業に入るまでの心理的ハードルの低さ!
出先で隙間時間にチャチャッと作業したい時におすすめです。

 

iPad Proが得意な作業③:重すぎない画像・動画編集

iPad Proが得意な作業③:重すぎない画像・動画編集

特にPhotoshopは画像の切り抜きなどが非常にやりやすい

iPad Proは画像・動画編集もこなせます。しかもかなりサクサクと!

僕は画像編集でPhotoshopを使うことが多いんですが、iPadでもPhotoshopのアプリを使うことができます。
そのPhotoshopアプリがかなり快適に動きます!ある程度レイヤー重ねてても大丈夫。iPad Proと同価格帯のPCとは比べ物になりません。
PC版に比べるとできること少なかったりするんですが、それでも十分です。

しかもiPad ProでPhotoshopを使う場合、Apple Pencil使えるのが便利なんですよね。
細かい部分の切り抜き・手書き文字の書き込みで重宝します。なんならこのあたりはPC版より便利かも…

 

動画編集についても、iPad用アプリがあるので大丈夫。

  • Premiere Rush
  • Lumafusion

あたりが有名どころですね。僕はAdobe CC契約してるのでPremiere Rush使ってます。
iPad Proでの動画編集はYOUTUBEに色んな人がアップしているので、そちらをぜひご参考に。
なんかこれもPCより作業しやすそう~~て感じありますよね。直観的に操作できるというか。

HOW TO EDIT VIDEO on an IPAD LIKE A PRO using LUMA FUSION + FREE GIVEAWAY!!!

 

iPad Proが苦手な作業①:報告書やブログ執筆などの長文入力

iPad Proが苦手な作業①:報告書やブログ執筆などの長文入力

できなくもないですが、長めの文はPCで物理キーボード使った方がずっと効率よい

iPad Proは外付けキーボードない限り、物理キーボードがありません。
そのため、長文を入力する必要のある報告書やブログ執筆などが苦手です。

上に外付けキーボードが無い場合はソフトウェアキーボードになるのでちょっとコツが要りますが、それほど長い文章じゃなければあまり苦戦しないはず。と書きましたが、それも間違っていません。
ただし、やはり物理キーボードのあるPCの快適さには敵いません。人とマシンを繋げるのはインターフェース、すなわちマウスやキーボードなのですから…

実際僕は家にデスクトップがあるので、

  • 長文をがっつり打つとき→デスクトップ
  • 気軽に作業をスタートしたい、それほど文量多くない→iPad Pro

という具合に使い分けてます。なんだかんだメインはPCですね。

 

iPad Proが苦手な作業②:複数アプリ・ウィンドウを介したマルチタスク

iPad Proが苦手な作業②:複数アプリ・ウィンドウを介したマルチタスク

iPadにはウィンドウという概念がないので、やはりマルチタスクは苦手です

iPad Pro、たしかにOSの進化でマルチタスクが多少できるようになりました。
スプリットビューとか使って、調べものしながらメモ取ったりとか。

しかしそれでも、3つ以上のアプリやウィンドウをまたいだマルチタスクには不向きです。
そういう作業はPCをつかってやりましょう。どうせサッとできる作業ではないはずですし。

そもそもとして、iPadの長所って「シングルタスクで集中できる」ってことなんですよね。
PCだとウィンドウサイズ調節できるのでマルチタスクになりがちですが、iPadは基本フルスクリーン。情報が遮断される分、目の前の作業に集中できるというわけです。

だからiPad Proで作業するときは、無理にマルチタスクせず1つの作業に集中して取り掛かるようにしましょう。
いくつもアプリ介してやらなきゃいけないことは、会社や自宅のデスクトップでガッツリ取り掛かるべし。

 

iPad Proが苦手な作業③:プログラミング(環境構築)

iPad Proが苦手な作業③:プログラミング(環境構築)

プログラミングはPCでやりましょう、ホントに

いろんな方法は試されていますが、iPadでのプログラミングは難しいですね。ホントに向かない。

というのもWindows系アプリにしろスマホ系アプリにしろ、開発には環境構築をする必要があるんですよね。
いわゆるVisual StudioとかXcodeみたいな統合開発環境をマシンにセットアップしなければなりません。これがiPadではできないんです。
これはもうOSの問題なので仕方ありません。プログラミングに適したiPadアプリもまだ出ていませんし(学習系はあるけど)。

ただしPythonやJSなど、WEB系のプログラミング言語ならなんとかできないこともありません。
AmazonのCloud9(仮想開発環境)などを利用すれば、ネットに繋がっていさえすれば開発をすることができるので。
僕は一時期クロームブックでRuby on the rails勉強してる時、Cloud9使ってプログラミングしていました。どうしてもiPad Proでプログラミングしたいなら、Cloud9使ってトライするのもありかも。
※ただし外付けキーボード必須です

というわけで言語によってはiPad Proでプログラミングできないこともないですが、できればPCでやりましょう。効率やら要件やら、iPadでは至らない部分が多すぎるので。
世の中でiPadプログラミングしてる人ほぼいないのが何よりの証拠です。

 

まとめ:iPad Proはメモや絵、出先での軽作業や画像・動画編集に向いてます

まとめ:iPad Proはメモや絵、出先での軽作業や画像・動画編集に向いてます

ガッツリ重めの作業やりたい時は素直にPC使いましょう

今回はiPad Proについて、得意な作業・不得意な作業をまとめて紹介しました。

個人的にはiPadだけでなんでもできる時代が来て欲しいですが、なんだかんだでPCが便利な場面も多くあります。
僕は物理キーボード持ち歩きたくない派なので、この時点で文字入力はPCの方が効率よいですし…

とはいえ出先での作業や、作業開始時の心理的ハードルが低いのはiPad Proの強み。
ペンの性能も素晴らしいですしね。クリエイター的な人なら買って後悔することはないでしょう。

この記事を読んで、自分にはiPad Pro向いてそうだな~~と感じた方。
もうこの機会に買っちゃいましょう。勇気を出して、一歩踏み出してみましょう!

ホントにiPad Proがある生活、とっても楽しいですから。保証します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました