iPad Proを持ち運ぶならサコッシュをおすすめする理由!実際に使ってる製品・人気のブランドも紹介します

スポンサーリンク
iPad
maruo
maruo

うまくiPad Proを持ち歩けるバッグ、サコッシュが丁度いいんですよね

iPad Pro、どうやって持ち歩いてますか?
リュックだったり手提げ鞄だったりいろいろありますよね。

僕も何に入れて持ち運んだらいいかな~~と悩んでたんですが、サコッシュが丁度いいことに気が付きました。
リュックより気軽に持っていけるし、手提げ鞄と違って両手があくのがグッド。

ということで今回はiPad Proの持ち運びにサコッシュをおすすめする理由や、実際に使ってる商品を紹介します!

iPad Proの持ち運び方法に迷っている方、ぜひ参考にしてください。

 

iPad Proの持ち運びにサコッシュをおすすめする理由①:サイズ感が丁度いい

iPad Proの持ち運びにサコッシュをおすすめする理由①:サイズ感が丁度いい

このサイズ、この形状。iPad Proにピッタリ

サコッシュは小ぶりな長方形の鞄。
つまりiPad Proを持ち運ぶのにサイズ感が丁度いいんですよね。ぴったり。

なんかあんまり大きいリュックとか鞄って、持ち出すの億劫になるじゃないですか。
僕はできるだけ必要最低限のサイズのものを使いたいので、サコッシュのサイズ感はかなりしっくりきたんです。

ただしあんまりぴったりサイズのサコッシュだと、iPad Proが入らない可能性もあるので注意。
幅30cmはあるサコッシュを選びましょう。キーボードとかも一緒に持ち歩くでしょうし。

 

iPad Proの持ち運びにサコッシュをおすすめする理由②:気軽に中のものを取り出せる

iPad Proの持ち運びにサコッシュをおすすめする理由②:気軽に中のものを取り出せる

リュックみたいに取り出す時に面倒、なんてことがありません

サコッシュは基本的に斜め掛け。身体の前あたりに本体がくるように持ち運びます。

そのため、中のものを取り出しやすいんですよね。
歩きながらでもできるのがミソで、iPadで道を確認したい時とかにも便利。
電車で読む本取り出すのもラクラクです。

リュックだと中のもの取り出す時は肩紐外さなきゃですし、手提げ鞄だと両手使えないので苦労します。
そういった点から考えても、サコッシュは気軽にiPad Pro持ち運んだり取り出す入れ物として優秀なんです。

 

iPad Proの持ち運びにサコッシュをおすすめする理由③:ひざでiPad Proを使うときの土台になる

iPad Proの持ち運びにサコッシュをおすすめする理由③:ひざでiPad Proを使うときの土台になる

膝ダイレクトで使うよりは安定する気がする

電車やベンチでiPad Pro使いたい時、サコッシュを敷くと安定感が増します!

膝に直接置いて使ってもいいんですが、サコッシュ敷いておくとより使いやすくなる気がしますね。
ちょっと高さが出ることもその理由っぽい。

リュックだとこれが微妙にやりづらいんですよね~~上にiPad置くと安定しないから。
サコッシュが長方形かつ平たい形だからこそ、この「膝上簡易テーブル」として使うことができるわけです。

電車での移動が長い人、その移動時間を作業時間にしてみてはどうでしょう?
そしてその時はサコッシュを簡易テーブルとして使うこと、オススメします。

 

僕が実際に使っているサコッシュ:アネロ(Anello) THE DAY

僕が買ったサコッシュはこれ。アネロというブランドのやつです。

ぶっちゃけどれも大差ないと思ってるので、デザインと価格で決めました。
実際サイズ的にも見た目的にもいい感じです。
あんまりゴテゴテ装飾ついてるとダサいですしね、このくらいが良さげ。

ちなみにAnelloブランドを製造しているキャロットカンパニーは日本の会社です。
安いからてっきり海外のノーブランド的なやつだと思ってました、申し訳なさ…

 

Amazonなどで人気のサコッシュ・ブランド

Amazonなどで人気のサコッシュ・ブランド

マンハッタンポーテージとか人気みたいですね

僕はアネロのサコッシュを買いましたが、他の有名ブランドからも多数サコッシュは販売されています。
Amazonで人気の高いブランドのサコッシュをいくつかまとめてみました。

 

マンハッタンポーテージ(Manhattan Portage)

黒ベースに、赤いブランドロゴ。バッグブランドとして人気なのがマンハッタンポーテージです。

シンプルなデザインですが、だからこそ使いやすそうですね。
ロゴが目立つ&有名なので、一目でマンハッタンポーテージのサコッシュだとわかるのもグッド。

 

グレゴリー(GREGORY)

40年以上アウトドア製品を製造し続けているブランド、グレゴリー。

サコッシュとしては強気のお値段ですが、レビュー見るとその分品質も高いとのこと。
上のモデルは厚みもあるのでiPad入れても安心して使えそうですね。

横幅27cmなのでiPad Pro 11がギリギリ入るサイズでしょうか…(iPad Pro 11は幅25cm)
近くに販売店があるなら、実物で確認した方がいいかも。

 

ポーター(PORTER)

鞄といえばこのブランド。ポーターからもサコッシュは販売されています。

正直お値段は高いです。そもそも吉田カバンやポーターというブランドが高級寄りですからね。
ただしその分品質も高いとのこと。長く使うならこういう製品を買うべきなんでしょう…

ビジネスにも使いやすいデザインなので、会社でiPad Pro使う方にもいいんじゃないでしょうか。

 

まとめ:サコッシュはiPad Proを持ち運ぶのにおすすめ!気軽に持ち歩こう

まとめ:サコッシュはiPad Proを持ち運ぶのにおすすめ!気軽に持ち歩こう

iPad Proとキーボードやら入れると丁度いい感じ

今回はiPad Proの持ち運びについて、サコッシュがおすすめな理由や使っている製品を紹介しました。

正直サコッシュ以上にiPad Proを「丁度良く」持ち運べる鞄ってないと思うんですよね。
サイズ感や形状も、まるでiPad Proを持ち運ぶために作られたかのよう…(10インチのクロームブックにもピッタリですが)

ぜひiPad Proの持ち運びに悩んでいる方、サコッシュを買ってみてください。
多くのものを持ち運べない分、かなりすっきりとした使い方ができますよ!荷物軽くなりますし。

コメント

タイトルとURLをコピーしました