コロナ禍の読み方がわからないので意味とかも一緒に調べてみた話【うず?なべ?】

スポンサーリンク
病気
maruo
maruo

Twitterとかでさんざん出てくるけど読めねぇ…

コロナ禍。

ほぼ毎日のように見ていながら、実はその読み方を知らない。
そんな人も多いはずです。僕もそうです。なので調べてみました。

ということで今回はコロナ禍の読み方、禍の意味について書いていきます!

 

コロナ禍の読み方は「ころなか」

コロナ禍の読み方は「ころなか」。”か”って読むんですねコレ→禍。

ぶっちゃけ調べるまで「なべ?」「うず?」とか思ってました。いやそんな読み方のはずはないんだけど。

よくよく考えてみれば「禍」の右側って「過」と同じですもんね。同じように”か”と読むのは納得です。

ちなみに僕は日馬富士を「ひのまふじ」と読んでいた消し去りたい過去があります。
うっかり周りに言わなくて良かった。大恥かくところでしたよ。

 

禍(か)の意味はわざわい・不幸せ

で、禍(か)の意味は何かというと「災い・不幸せ」。

つまりコロナ禍というのは「コロナによってもたらされた災い・不幸せ」ということですね。これでかなり納得がいきました。

ちなみに禍々しい(まがまが-しい)という言葉にも、この禍(か)という文字は登場しています。
そっちの方がわかりやすいですね、まさに災いとか不幸せっていう感じで。

 

ちなみに災いの「災」とコロナ禍の「禍(か)」の違いは

  • 災→防ぎようのない天災
  • 禍→人為的な努力で防げることがら

とのこと(参考:マナラボ)。
つまりコロナってちゃんと対策立てれば対応できる、という見方をされているんですね。

まぁたしかにインフルエンサなんかも「災害」なんて言いませんもんね。

 

まとめ:コロナ禍の読み方は「ころなか」。意味は災い、不幸せ

今回はTwitterやニュースでよく見るコロナ禍(ころなか)について、その読み方や意味を調べてみました。

ていうか絶対みんな読めてないでしょ、僕だってそんな学無いわけじゃないけど(※自己評価)読めなかったですし…

でも今日からはもう大丈夫。読み方間違えて恥かくこともありません。

ぜひこの記事を読んでコロナ禍(ころなか)の読み方を知ったみなさん、いろんな場所で言っていきましょう。

ころなか、ころなか、と。

学があるということ、アピールしていきましょう。
正しい感じが読めること、主張していきましょう。

そう、このコロナ禍に負けないためにも…!

コメント

タイトルとURLをコピーしました